2020年、おしゃれ達人は何をどう着こなす?~スタイリスト角田かおるさん

いつだって自分らしさを求めているけれど、“2020年”は、いつもよりどこか特別。今まで以上に “みんなと同じ”ではいたくない気持ちが高まっているから、自分の“着たい服”はしっかり明確にしておくべき。
この記事では、GINGERスタイリストのファッション計画を緊急リサーチ。おしゃれな人は新たな年に何を着る?のアンサーを紹介します。  

「攻めの小物をスタイルの主役にしたい」

基本スタイルはシンプル。そんな角田さんに欠かせないのは小物。特にアクセサリーは重要なのだそう。
「耳元と指先にボリュームを出すことが多いので、首と手首はほぼノーアクセ。やりすぎない加減を計算するようにしています」
そのほかの小物も華やかなタイプが好み。
「最近の小物は本当に面白い! デザインもさまざまで、使い方にその人の個性がよく表れている。脇役と思いきや、洋服以上の可能性があって遊びゴコロも盛りだくさん。2020年は自由な発想で自分らしいアレンジを見つけていきたいです」      

昔懐かしいブローチは今の時季にマスト

ベーシックなアウターのときは、ブローチ使いでヴィンテージMIXなスタイリングに落とし込んで。そのほかのアクセサリーはシンプルにして、ブローチの存在感をアピール!

ブローチ〈上〉¥26,510/アビステ パールブローチ〈左下〉¥7,000、コート¥220,000、ニット¥20,000/すべてアナイ ハチブローチ〈右下〉¥9,500/マリーナ・フォサッティ、バッグ¥27,000/ヴィオラドーロ、パンプス¥44,000/ネブローニ(すべてアルアバイル) パンツ¥18,000/リトラル(ゲストリスト) リング¥35,000/エルナン エルデス(エスケーパーズ)

トップスがマンネリ化したら太ベルトに頼る

冬のコーディネートにあえてコンチョベルトを合わせるのが新鮮で目を引く。夏に出番の多いターコイズも、寒色系でまとめれば違和感なくすんなりコーディネートになじむのです。

ベルト¥480,000/インデアン・クラフト ニット(web限定)¥16,000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パンツ¥13,000/ヘルシーデニム(ゲストリスト) ピアス¥30,000/モダン ウィーヴィング(エスケーパーズ) リング¥42,000/ブランイリス(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店) 

やりすぎ⁉ってくらい重ねて華奢なアクセでボリュームを作る

大ぶりなタイプで印象づけるよりも、繊細なタイプをたっぷり重たほうが大人っぽい。強すぎないラグジュアリーなインパクトが出せるから。シルバーとゴールドは一緒に使えば、色のコントラストで奥行きが生まれます。

ピアス¥24,000、〈人差し指〉3連リング¥32,000/ともにブランイリス(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店) シルバーイヤカフ¥46,000、ゴールドイヤカフ¥24,000/ともにヒロタカ、〈人差し指〉ゴールドリング¥73,000、〈人差し指〉ブラックオニキスリング¥80,000/ともにマリハ(すべてショールーム セッション) リング〈小指〉¥55,000/ソフィー ブハイ(エスケーパーズ) ニット¥5,900/ソコラ メイソングレイ


いつもの自分スタイルを崩さずに小物でアップデートする。これが取り入れやすく、効果的なアプローチ。新年初の買い物は小物から始めるのがおすすめです!

撮影/藤原宏(Pygmy Company)
スタイリング/角田かおる
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/加納奈々美

 ※プライスはすべて税抜です。  

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る