【先行紹介】「クロエ」が12月にオープンする銀座の路面店とは?

好評のGINGERブランド連載、12月号は「クロエ」をクローズアップ! モデルの松島花さんが、スプリングコレクションを大人っぽく着こなしてくれました。秋に表参道ヒルズ、12月には銀座に路面店をオープン予定で、「クロエ」がますます盛り上がりを見せています。

新しい路面店の場所は銀座7丁目!

From Getty Image
From Getty Image

上品フェミニンなテイストに多くのファンを持つ「クロエ」。先日パリで発表された2018年春夏コレクションからは、新クリエイティブ・ディレクター、ナターシャ・ラムゼイ・レヴィが就任。新たな発展が期待されています。

※写真は表参道ヒルズ店

そんななか、銀座に「クロエ」の世界観を凝縮した、日本最大の路面店がオープンするとのウワサが! 12月2日、場所は銀座7丁目の好立地(東京都中央区銀座7-8-4)で、銀座店仕様の大型の3Dウォールのファサードを設置した3階建て。「クロエ」らしいオフホワイトやベージュローズのコンテンポラリーなデザインと、ヴィンテージライクなインテリアデザインになるそう。

銀座店限定のパーソナライゼーションサービスも

オープンを記念し、限定商品もラインナップされています。今回の特集でもご紹介したアイコンバッグ“FAYE”や“NILE”に、スターモチーフとマイクロスタッズがあしらわれたデザインは、華やかなシーズンにぴったり。また銀座店で購入、もしくは手持ちの「クロエ」バッグに、自分だけの特別なアルファベットを3文字まで刻印してくれる、パーソナライゼーションサービスもスタートします。(素材、デザインにより限りがあります。)

バッグ<左から>(H16×W24×D9cm)(H23×W20×D14cm)各¥226,800(税込)/ともにクロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)
問い合わせ/クロエ カスタマーリレーションズ TEL/03-4335-1750

松島 花流ラグジュアリーブランドの取り入れ方

素敵だけどラグジュアリーブランドは、なかなか自分のワードローブに取り入れにくいという人もいるかもしれません。今回「クロエ」の新作をドラマティックに表現してくれた松島花さんに、そのコツを伺ってみました。
「ベーシックが好きなのですが、それだけではコンサバな印象になってしまいます。シルエットが今っぽいアイテムを1点投入して新しさを加え、そこにラグジュアリーブランドの小物をアクセントにしています」。
この日の私服でいうと、TOGAのチェックのオーバーサイズジャケットで新しさを加え、セリーヌの眼鏡とバッグをアクセントにしているバランス。

11月12日(日)21:00〜の『行列ができる法律相談所』(日テレ系)にも出演する松島花さん。インスタやTVで、リセットした彼女の新しい表現もチェックしてみて。

古泉洋子/ファッションエディター
ナビゲーター
古泉洋子/ファッションエディター
ファッションエディター。大人の雑誌媒体を中心に、ラグジュアリーなモード をわかりやすく提案。著書に『スタイルのある女は脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)ほか。
このナビゲーターの記事を見る