タイダイとはどんな柄? 知っておきたい【ファッション用語解説】

知っているようで知らないファッション用語の意味を紐解きつつ、今手に入れたい関連アイテムをご紹介する連載「スタイリスト平田雅子と読み解くFASHION DICTIONARY」。素材やデザインの特徴、ブランドの歴史、トレンドの流れ・・・一着の服に隠されたさまざまなバックグラウンドを知ることで、おしゃれはもっと楽しく、味わい深くなるはず。平田さんのナビゲートのもと、今までよりもう一歩踏み込んで、ファッションについて学んでみませんか?  今回取り上げるキーワードは「タイダイ」です。(編集部)  

タイダイとは?

突然ですが、ファッションの世界ではよく聞く「タイダイ」という言葉。その意味をご存じでしょうか。実は、Tie(絞る・縛る)Dye(染める)で「タイ・ダイ」。英語だったんですね!

その名のとおりタイダイとは、布の一部を糸で縛るなどして染色し、縛った部分を白く残す染色法のこと。日本だけでなく、海外でも昔から行われてきた、伝統的な染め方のひとつです。

そんなタイダイはこの春、さまざまなメゾンブランドのコレクションに登場していて大注目! もともとはカジュアルなイメージが強い柄なので、デニムなどとのコーディネートが鉄板ですが、今季はよりエレガントな雰囲気に昇華した着こなしも新鮮で素敵です。ワンピースやブラウスなど、大人の女性が着やすいアイテムが揃っていますよ!

タイダイといえば例年Tシャツが多いなか、今年はこんなモードなシルエットのブラウスが登場。スラックスやタイトスカートなど、少し大人っぽいアイテムと合わせると今年らしいコーディネートに。

ノースリーブブラウス¥25,000/08サーカス(エム)

ドロップショルダーとショート丈のシルエットが今っぽいスウェットトップス。アシンメトリーなタイダイがさり気なくて◎。合わせるボトムス次第で、コーディネートのバランス感を楽しめそうです。

スウェット¥30,000/タロウホリウチ

モノトーンのタイダイのTシャツは存在感抜群。とはいえモノトーンなので意外とコーディネートはしやすいはず。ネオンピンクのロゴも効いているので、小物やボトムスとのカラーコーディネートもおすすめです。

Tシャツ¥8,500/ノーマ ティー ディー×レイ ビームス(ビームス 新宿)

着るだけでハッピーになれそうな、美しいカラーリングのワンピース。春は上にテーラードジャケットを羽織ってマニッシュな雰囲気で着るのもよさそう!

ミニバッグ付きマキシワンピース¥50,000/ロード(ロンハーマン)

ひとクセあるユニークなアイテムがみつかるneedlesからもタイダイのアイテムが豊富に登場! こちらはブルーのグラデーション。インディゴデニムやワンウォッシュデニムなどとのワントーンコーデにもトライして。

ワンピース¥25,000/ニードルス×ビームス ボーイ(ビームス 新宿)

※プライスはすべて税抜です。

<問い合わせ先>
エム TEL: 03・3498・6633
タロウホリウチ prcontact@a-tconcepts.com
ビームス 新宿 TEL: 03・5369・2140
ロンハーマン 03・3402・6839

撮影/植一浩

平田雅子 / スタイリスト
ナビゲーター
平田雅子 / スタイリスト
スタイリスト宮澤敬子氏に師事後、2018年に独立。モードやストリートカジュアルをリアルに落とし込んだMIXスタイルが得意。ファッション誌やCM・広告などを舞台に幅広く活躍中。
このナビゲーターの記事を見る