誰からも好感度抜群!片瀬那奈のおしゃれセンス、その源とは?

「センスがいい」と言われる人はいったい何が違うのか?その秘密を探るべく、おしゃれ賢者たちに、ファッションのMYルールをインタビュー!

今回は、恵まれた体と抜群のセンスでおしゃれ好きたちを虜(とりこ)にしている片瀬那奈さんが登場。「物と情報があふれる時代に何をチョイスするか。それがセンスに繋(つな)がる」 と語ってくれた片瀬さん。今っぽいトレンドに自身の感性をMIXして、 感度の高いおしゃれへと仕上げていく。そのベース には、彼女らしい“人への心遣い”がありました。

カジュアルのなかに女らしさをひとさじ

「パーカやスウェット、スニーカーなどのスポーティな服が好き。そこにロングスカートなどで女らしさをミックスするのがMYルールです。この柄スカートのスタイリングもそう。ジミー チュウのスニーカーに、風に揺れるロングスカートをセレクトしました」

Tシャツ¥18,000、プリーツスカート¥120,000/ともにエムエスジーエム(アオイ) スニーカー¥114,000/ジミー チュウ

「このホワイトコーデは、ユニセックスのロングポロシャツにプリーツスカートをレイヤード。淡いピンクのスニーカーを添えれば、ヘルシーなミックススタイルが完成します」

自由に組み合わせるからこそ重要視するのがバランス。「メンズライクなトップスにミニスカート」「キャップに大振りのピアス」など数々のテクニックがあるなか、片瀬さん流のバランスチェック法を教えてくれました。それは〝正面よりも後ろ姿〞。
「鏡の前でくるりと振り返り、バックスタイルが決まっているかを確認します。背面が整うと、全身バランスって美しく仕上がるものなんですよね」

ポロシャツ¥14,000、スカート¥19,000/ともにラコステ(ラコステお客様センター) クラッチバッグ¥115,000/ジミー チュウ スニーカー¥88,000/ジュゼッペ ザノッティ(プレッド PR)

相手を思うおしゃれが、自分にとっての幸せ

バランスを大切にする心意気は、生き方にも表れているよう。
「仕事とプライベート、心と体、人との付き合い方を含めて、すべてに偏りがないようにしているんです。そのために心掛けているのが、”オンとオフの差をつけないこと”。しなやかに行き来して、いろんなことを取り入れて、バランスを取るタイプです。例えば目の前に何か楽しそうなことが提示されたら、とりあえず足を踏み入れてみる。そうすると、意外なことが自分にフィットして世界が広がっていきます。私の場合はスケボー、サッカー、ディズニー、ゲーム、家電まで。それが仕事にまで繋がって、人としての深みが増していくんですよね」

そんな彼女は、これからどんな生き方を理想としているのでしょうか。
「好奇心のアンテナを広く張って、『次は何をする人なの?』と周囲をワクワクさせる人でいたい。ファッションもそう。今日会う人に喜んでほしいから、相手の反応を想像して服を選びます。仕事の現場で『今日も派手でいいね!』なんて言われると、明日はもっと派手にいこうなんて張り切ったりして(笑)。自分の幸せより、相手が喜ぶ顔を見て幸せを感じるタイプなんですよね。ファッションも人生もミックスやバランスを楽しみながら、周囲にハッピーを差し出せたらな、と考えているんです」

パーカ¥30,000、スカート¥26,000/ともにジョン ローレンス サリバン ピアス 参考商品(3月発売予定)/THE KISS×nana katase(ザ・キッスカスタマーセンター) ホワイトブーツ¥138,000/ジミー チュウ

ハイブランド発のスニーカーにも注目

「このところ進化が目覚ましいスニーカーは、ハイブランドに注目しています。特にヒールが美しいブランド発のものは色香を感じられて好きですね」

〈右〉スニーカー¥88,000/ジュゼッペ ザノッティ(プレッド PR) 〈左〉スニーカー¥77,000/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)

スポーティな服やメンズライクなアイテムを纏うときも、どこかにさり気なく女らしさを感じさせる着こなしがこだわり。そんな、ヘルシーで好感度抜群な片瀬さんのおしゃれセンス。その源には「相手の喜ぶ顔が見たい」という心遣いであふれていました。

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
スタイリング/大沼こずえ(eleven.)
ヘア&メイク/窪田健吾(aiutare)
モデル/片瀬那奈
取材・文/本庄真穂

※プライスはすべて税抜です。

※1月23日発売の『GINGER』3月号 P41 、左上のクレジットに誤りがありました。「ジミー チュウ」クラッチバッグの価格は、正しくは¥115,000です。読者の皆様、及び関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びするとともに、訂正いたします。
GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る