おしゃれプロがナビゲート!マスクにも合う、サングラスの選び方

GINGERスタイリストが心つかまれた“トキメキモノ”をリコメンド。
今回は、トレンドをバランスよく取り入れた、感度の高いスタイリングテクニックで読者から絶大な人気を誇るGINGERのレギュラースタイリスト、竹岡千恵さんが注目するアイテムをご紹介します。

透けて輝くサングラス

夏スタイルに欠かせないサングラス。マスクが手放せない今年は、どんなデザインを選べばよいのでしょうか?

「サングラスはコーディネートのアクセントとしても、日差しをカットするためにも、私にとってはなくてはならない存在。しかし、今年はバランスが難しい・・・。マスクとのペアリングが避けては通れないから、顔を覆いすぎないライトカラーのレンズに注目しています。

いつもと違う選びや合わせを考えなくてはいけないからこそ、この状況を逆手に取って新たなアイテムと出合うチャンスに変えてもらいたいですね」(竹岡さん)

ティアドロップ型のビッグフレームサングラス。存在感のあるデザインも淡いカラーのレンズなら、重たくならず女性にも使いやすい。¥57,000/グッチ(グッチ ジャパン)

クリアフレームと薄いカラーレンズが爽やかな印象の一本。軽い掛け心地で疲れ知らずなのもうれしい。¥42,000/ディオール(クリスチャン ディオール)

C ブラウンとブルーのグラデーションは、まるで海のよう。細フレームがレンズの美しさを引き立てる。¥38,000/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)

D クリアの太フレームは夏らしさ満載。シックなブラウンのレンズで、遊び心のあるデザインに大人っぽさをひとさじ。¥40,000/ボッテガ・ヴェネタ(ケリング アイウェア ジャパン カスタマーサービス)

※プライスはすべて税抜です。

撮影/西原秀岳(TENT)
スタイリング/竹岡千恵

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る