「雨の日を楽しめるひと」がモテる理由とは? スタイリスト青木貴子がナビ

どんなときもいつも変わらず元気溌剌(はつらつ)、気持ちのいい笑顔で周囲を和ませる。当然男女どちらからも好感度が高い…! そんなひとの共通点があります。それはいろいろなものにふりまわされないってこと。ブレないパワーはあの強力に鬱陶(うっとう)しい梅雨にだって勝ります! みんなが憂鬱(ゆううつ)になりがちな梅雨時期でもテンションが下がらないひとは魅力的に見えます、それこそ太陽みたいに。長い梅雨を毎日爽やかな感じで通せるって素敵じゃないですか? 雨の日を楽しむ術を身につけましょう!

そもそもだるさの原因を知ろう

From Getty Image

今年も梅雨の季節がやってきました。毎日毎日ジメジメ。気分が乗らない、それどころか身体が重くて体調も悪くなる…なんていうひともいますよね。だるいから、やる気にならないからってダラダラ過ごすにも限度が。だって梅雨ってなんだかんだ意外と長くて7月の後半まで、実に一ヶ月以上も続くんですから。そもそもなんでこんなにだるかったり憂鬱になったりするのか知っていますか? それは低気圧のせい。気圧が低くなると体内の細胞が膨張して、細胞と細胞の間が狭くなって代謝が落ちるんだそう。加えて副交感神経が活発になる、すなわち眠くなるんです。そりゃ気分も上がらないワケ、これが身体的にだるくなる原因なんです。

フィジカル面をコントロールする術は?

From Getty Image

オフィスや外出先でこのだるさから脱却する有効手段はストレッチ! 巡りの悪くなった血流や酸素を流すにはこれがいちばん。伸びをするだけでも、手首足首をぐるぐるっとするだけでも効果があります。この他ではフレグランスやフラワーエッセンスなどの香りで脳を活性化する。手首や首すじに軽く香りを足してクンクン。リラックスする香りだとさらにまったりしちゃうので、ちょっとスパイシーなタバコやシトラス系の香りをチョイス。
あとは音楽を聴くのも有効(オフィスだとちょっと難しいかな、移動中は軽快な音楽で気分をアゲよう)。必要なのは適度な刺激です。気圧という強敵から身を守る手段はないので、マメに刺激を与えて体内を活性化しましょう!

雨の日を楽しくしてくれるモノに頼る

From Getty Image

厚い雲に覆われてどんよりした街では綺麗な色がお天気の時よりも一層良く映えます。暗い風景に鮮やかな赤やフレッシュなブルーの傘をさしたひとがいたら、ついつい目を奪われてしまいます。ビニール傘では決してなく、きちんとした傘。ここがポイント。コンビニエントな時代、最近はビニール傘のひとも増えています。だからこそ、ちゃんとした傘をさしている(それだけで‼︎)とってもちゃんとした素敵なひとに見えます。なんて簡単なポイント稼ぎの技なんでしょ(笑)。そしていい傘は見た目が素敵に見えるだけじゃなく、さしているあなたの気分をアゲてくれる力があります(これ、ほんと!)。なんでしょう、贅沢をしている気持ちになるからでしょうか? 傘だけではなくレインブーツを始め、レイングッズにはそんな不思議なパワーがあります。きっと雨の日しか使えないものだからでしょうね。わざわざそれを買うという行為が、余裕というか贅沢感を満たしてくれる。お気に入りのレイングッズがあると雨の日がとても楽しくなるから自然とうきうき、顔つきがググンと明るくなります。最近はとくにレインシューズのヴァリエーションが増えています。撥水(はっすい)性も高いから、足元快適。それだけでも憂鬱さから解放され笑顔に!

雨の日だけの決まりごとを作ってみよう!

From Getty Image

最後にどんなモチベーションでいるのがより良い雨の日の過ごし方なのでしょう? ずばりそれは『心の中は晴れ』の気持ちでいること! 心の外の景色を意識的に楽しんじゃおうと思うと面白いですよ。雨の日はいつもと違うスパイシーな香りを楽しむ、雨の日は普段聴かないジャンルの音を聞いてみる、雨の日は鮮やかなモノを身につけるetc、雨の日だけのお楽しみがあると雨の日が特別な、楽しみな日になります

雨に濡れて不機嫌になりがちな人々。そのテンションに飲み込まれないことが魅力的な女性として輝く秘訣。しかめっ面のひとも多いから、雨の日は笑顔の価値も倍増します。出来うるだけ五感に刺激を与え、雨の日を楽しんじゃいましょう!

文/青木貴子


青木貴子/スタイリスト
ナビゲーター
青木貴子/スタイリスト
ファッション誌、広告などで幅広く活躍する人気スタイリスト。著書『センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式』(PHP研究所)では、役立つおしゃれハウツーを指南。お気に入りレシピと器について綴った料理本『友だちを呼ぶ日のごはん、わたしのごはん』(扶桑社)も人気。ファッションに関するインスタグラム(@takako_aoki_stylist)を開始。ぜひフォローを!
このナビゲーターの記事を見る