世界でもっとも稼ぐモデルがリピートする「贅沢小物」とは?

米経済誌『Forbes』が発表している恒例の「世界でもっとも稼ぐモデル」ランキングで、22歳にして1位に輝いたケンダル・ジェンナー。初ランクインが2015年の16位、去年は3位、そして3年目にして頂点に立ったことも快挙なら、2002年以降、首位を独占していたジゼル・ブンチェンから、15年ぶりにクイーンの座を奪った形になったことでも話題騒然! 推定年収2200万ドル(約24億6000万円!)なら、贅沢小物も買いたい放題では!? ・・・なんて思ってしまうけど、得意の辛口モードなスタイルに似合うお気に入りの小物は、スーパーヘビロテしているケンダル。モデル界きってのリッチガールが、何度もリピートしているアイテムをご紹介します!   

バレンシアガの「クラシック シティ」

From Getty Image

まずは、この夏からすでに5回はパパラッチされている、お気に入りのバッグから。元祖エディターズバッグとして知られる名品の、プリントバージョンを愛用しているケンダル。

この日は白ジャケットでクリーンに仕上げたデニムカジュアルに、カラフルなバッグで遊び心をプラスしています。鮮やかなブルートップスでバレンシアガの文字とのリンク感も意識。

裾にスリットが入ったR13のデニムから覗くのは、同じくバレンシアガの「ナイフ」ブーツ。

From Getty Image

ボーイッシュなリダンのハーフデニムは、R13のオーバーサイズレザージャケットでエッジを効かせて、モードに昇華。ブルーの文字がデニムと相性抜群ですね。

主役バッグを邪魔しないALLクリアのサンダルは、義理兄カニエ・ウエストが手がけるイージーのもの。

ジバンシィの「マイクロナイチンゲール」

From Getty Image

続いては、約2年間で40回近くパパラッチされている、超お気に入り。根強い人気を誇るジバンシィのアイコンバッグ「ナイチンゲール」のマイクロサイズで、ゴートファーを使用したもの。

この日はレザーをユニークにドッキングしたハイブリッドトップスをメインに、ALLバレンシアガのシックなデニムカジュアル。小さなモンスターみたいなファーバッグが、コーデに奥行きを出しながら、ほんのりと女らしさもプラスしています。

バッグのふわふわ感で、エクストリームポインテッドトゥの「ナイフ」ブーツのシャープさが際立ちますね。

From Getty Image

2016年3月末にNYで目撃されたときも、このバッグを女度アップのポイントに。

デニム×レザーのスタイリングに合わせるのが、この頃から定番だったようですね。

プラダ「ウエストバッグ」

From Getty Image

おしゃれなハンズフリーが叶うスマホ世代の必需品、ベルトバッグやウエストバッグをいち早く取り入れ、ブームの火付け役ともいうべきケンダル。

この日はチェック柄がトレンド感を出すR13のフレアーパンツに、クロスオーバーフロントが斬新な、バレンシアガのデニムジャケットを合わせた最旬カジュアル。プラダの「ウエストバッグ」がベルト代わりとなって、今っぽくコーデを引き締めています。

クールなアクセントになるオーバルサングラスは、妹カイリーと手掛けるブランドで、収入アップの一因ともいわれるケンダル+カイリーのもの。

From Getty Image

ボディバッグのように斜めがけするのもケンダル流。

王道のナイロン素材がスポーティーなエッセンスを加えるだけでなく、大胆なオフショルをほどよくセーブする役割もありそうですね。

サンローラン「ニキ」サイハイブーツ

From Getty Image

最後はセレブやインフルエンサーを夢中にしている、衝撃の一足。ALLクリスタルでお値段100万円超えという、これぞ贅沢小物の極みと言える「ニキ」ブーツを履いて、22歳のバースデーディナーに出席したケンダル。
そのときは胸下ギリギリの超クロップド丈の白タンクに、ダメージたっぷりなヴィンテージデニムという実にシンプルな着こなし。ゴージャスなキラキラブーツを投入して、一気にバースデーガールらしくグレードアップしたヒロインコーデが評判に。

そんな新鮮なインパクトを残した一点豪華ブーツで、彼氏とウワサされる選手が所属するバスケチームの試合観戦。ブーツの威力を最大限に生かす使い方、さすがケンダルです!


想像がつかないような金額を稼いでいても、何度でも使いたい大好きなアイテムがあることが、真のファッショニスタという感じがしますね。
辛口モード派なら、ケンダルのお気に入りを参考にして、自分へのご褒美を探してみては?

文/江口暁子


江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る