ニットを"ちょこっとIN”するだけ!簡単におしゃれに見えるトップスの入れ方とは?

この秋は可愛いニットがいっぱい! でも、ゆるいニットって、ガウチョパンツやフレアースカートなど、今季トレンドのボトムスと合わせると、バランスがとりづらい…という声も。上も下もボリュームが出やすいので、太って見えちゃうんですね。 でも、その解決策は簡単。ニットの一部をちょこっとだけ、ボトムスにINすればいいんです。これだけで、腰回りが細く見えるうえ、格段におしゃれ感が増すのです! それでは実際に、おしゃれ賢者たちの「ちょこっとIN」な着こなしをご紹介。誰でも簡単にマネできるINの仕方をマスターしましょう。

インナーは前だけ「ちょこっとIN」

From Getty Image

とりあえずニットを前だけINしておけば、腰位置が明確になるので、ゆるニットを着ていても着膨れして見えません。

例えばライダースを羽織るとき。ニットをOUTで着てしまうと、着膨れ必須…。ライダース自体、丈も短くコンパクトなので、インナーがルーズだとバランスも悪く、だらしなく見えてしまいます。本当はだる~んとしたインナーだったとしても、前だけINしておけばベストバランスに見えるんです。

From Getty Image

では、丈の長いジャケットやコートの場合はどうでしょう。やはりインナーの前だけをINして、「ウエストはここです!」とアピールしておくことで、脚長効果が期待できます。このルールは、真冬まで使えそうですね。

トレンド服も「ちょこっとIN」でヤセ見え

From Getty Image

今シーズン注目の「コーデュロイパンツ」。畝の入った厚手のカジュアルパンツは、しっかりした生地感が魅力ですが、そこにニットを合わせるとどうでしょう。「ニット×コーデュロイパンツ」という、厚手同士の組み合わせとなり、一歩間違えるとほっこり見えてしまいがち。そんなときも、ニットの前だけ「ちょこっとIN」しておけば、重心も下がらずスタイルUP!

From Getty Image

続いて「ハイウエストパンツ」。腰位置が高くなっても、やり方は変わりません。分厚いニットを強引に前だけINしておけば、スタイルUPは確実。これだけで、おしゃれ上級者に見えてしまいます!

ALL白も「ちょこっとIN」で着膨れ知らず

白のワントーンも、今シーズン注目の配色。クリーンで女性らしい人気カラーですが、膨張色としてもあなどれないのが「白」。そんなときも、「ちょこっとIN」の出番です。着膨れの心配がなくなるうえ、腰回りに着崩したようなニュアンスが生まれることで、シンプルなALLホワイトの着こなしも、平坦に見えなくなります。

From Getty Image

大流行のガウチョパンツとあわせるときも、要領は同じ。ニットの前だけINしておけば、ノーヒールでもバランスがとりやすくなります。腰の位置って大事ですね。

ボリュームスカートにも、さり気なくIN

パンツには比較的トップスをINしやすいですが、スカートでもやり方は同じ。広がりやすいプリーツスカートにも、「ちょこっとIN」が強い味方。コツは、真正面ではなく、ちょっぴりサイドをINすること。“適当に入れてる感じ”が際立って、こなれ感が倍増します。

超ボリュームニットだって、強引にIN!

From Getty Image

そもそも、シャツと違ってニットは厚手で、INしにくそう…なんて思っていたなら、それは間違い。逆に、シャツよりも細かく無造作感を仕込む必要がなく、初心者でも簡単に実践できます。生地が厚い分、一部分をとにかくINしておけば、それなりに見えてしまうのです。

こんな超ボリューミィなニットだって、とりあえず入れちゃえばいいんです。どこかをINしておくだけで、着膨れの心配がなくなります。寸胴に見えるどころかむしろ、上半身のボリュームとの対比で、下半身は華奢見え! 隠れたスタイルUPニットだったのです。

ニットを着るときの合い言葉は「ちょこっとIN」! みなさんもこの秋冬はぜひ、実践してみてくださいね。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る