「人生を変える温泉に出合ったの!」って語る女の子はモテそうな気がする!

先日旅行でバンコクに行って、自分用のお土産に買ったお香。早速お家で焚いてみたら、火災報知器が鳴りました。 東京アイツです。 半端ない火力にびびったのと、香りもなんだかしっくりこなかったのとで、結局捨てちゃいました、お香。 旅先でついついテンション上がって買ってはみるも、家に戻るとなんか違う…って、ありますよね。ということで、いつものお気に入りのお香に火を灯し、今日も書きます!

人生を変える温泉宿に出会ったの!

From Getty Image

最近といいつつ、私にとっては5ヵ月前のお話。
言葉の通り、本当に、人生を変える温泉宿に出合ってしまったんです! 5ヶ月経つというのに、未だに「最近」のように友達に話してしまう。たった1泊しかしていないのに、次行ったら「ただいま」って言ってしまいそうになる。そんなお宿でした。

こういうPR記事ありそうですが、正真正銘ただの客です、笑。
みんなの年末旅行の選択肢にも加えて欲しいので、ご紹介させてください。

栃木県 板室温泉「大黒屋」

名前、渋くないですか!?
一緒に行く友達が宿の手配をしてくれていたので、私の事前情報は「大黒屋」という名前のみ。なんとなく老舗の、感じのいいおかみさんがいる古い旅館をイメージしていました。
事前情報がないからこそ、あそこまで「はっ」と感動できたのかもしれません。

なので私、今からここに書いちゃうんですけど(笑)、なるべく全貌は包んだ形でその興奮をお伝えしますね。写真もすべて、私が撮った下手くそな現場写真でご紹介!
いいお宿にも様々な種類があります。
大黒屋は、「リセット」「シンプル」「デトックス」「ゆとり」そんな言葉が似合ういいお宿です。
アートと保養、を宿のテーマに掲げているそうで、宿のいたるところにアートピースが飾られていて、そのさり気なさが心地いい。
お部屋から見える庭もね、数ミリ単位で手入れされているんじゃないかっていう美しさ。窓から見える庭がまさに絵画のようで、自然とアートの融合に息を飲みました。
静寂の心地よさは、到着した瞬間から始まります。

何もしない、をする

From Getty Image

アラサーの温泉旅行って、美味しい地酒を買い込んでおしゃべりしたり、久しぶりのトランプ遊びではしゃいだり、そんなイメージありますよね。
でも、大黒屋はある意味何も準備しなくて大丈夫です。
あえていうならお気に入りの本と、たんまり溜め込んだ深い話、かな。私も親友とふたり、女ふたり旅だったので、賑やかに楽しくなるのかなと思っていたのですが、本当に静寂が美しすぎて、ただふたりでいる、ということを楽しみました。

From Getty Image

到着してとりあえず缶ビールで乾杯! とかもなくね。それぞれちょっと仕事したり、本を読んだり。
旅館の醍醐味である温泉も、自分のペースを崩さずにそれぞれ好きなタイミングで入りました、笑。

そういう意味ではこのお宿、あんまり仲良くない子と行くと辛いかもしれません。あと、付き合いたてのカップルもなんか違うかも。
ただふたりでいる、ことを楽しめる間柄での宿泊を全力でオススメします。
到着した瞬間、美しい静寂に心を奪われ、何もしないをする、という滞在スタイルになった私。
ただじっと、おだやかにくつろいで、くつろぎすぎたあまり、温泉とお食事はあんまり印象に残っていません、笑。旅館の醍醐味、温泉と食事。もちろんどちらも素晴らしかったはずなのだけど、旅館の佇まいそのもののインパクトたるや! この感じ、みんなも是非味わってみてほしいものです。

絶品あんみつは、チェックインとチェックアウトで二回食べるべき!

ご飯は覚えていないくせに、甘いものは別の話! カフェスペースで食べたあんみつ、これがもう忘れられなくて♪
自家製のあんこと、新鮮なイチゴの甘酸っぱさが絶妙で、まさか1泊の旅行で2回食べるとは思いませんでした。
あとで聞いてみると、地元や慣れた旅行客は、あんみつだけ食べに立ち寄る人も少なくないとか。
確かに、あんみつだけでも十分価値あると思います! 笑。

感動体験を具体的に覚えている子は、可愛い

From Getty Image

「旅行が趣味で、この前大黒屋っていう温泉行ってきたよ」
「人生を変える温泉に出合うったの! 栃木の板室温泉のあたりなんだけど…」
ね? 後者の方が、「最近どう?」のレスポンスとして可愛くないですか?
日々なにもしなくても流れて行く時間のなか、温泉だけじゃなくって、ふいに起こる感動したことはなるべく具体的に、ヴィヴィッドに、記憶に刻んでいきたいなと思っています。

みんなは年末旅行の予定とかあるのかな。
冬の雪景色の大黒屋も綺麗だろうなあ…。
次行く時は、きちんとご飯の味も覚えておきたいな。

東京アイツでした。

★板室温泉「大黒屋」
 http://www.itamuro-daikokuya.com/

文/東京アイツ

東京アイツ
ナビゲーター
東京アイツ
東京生まれ東京育ち。 大手広告代理店を退社後、ベンチャー企業にて修行中。 27歳、山よりも高層ビルに癒されるタイプ。 魚座、女より男友達が多いタイプ。 好きな言葉は、タクシー初乗り410円。
このナビゲーターの記事を見る