秋始めは【足元にソックス】で簡単おしゃれ見え!プロの合わせワザ拝見

本格的な秋の到来で、さすがに素足じゃいられないこの時季。簡単にスタイルをアップデートするなら、ソックス使いがおすすめです。 そのテクニックを習得するべく、日頃から巧みな足元のスタイリング技が光る、スタイリスト竹岡千恵さんの私服コーデに密着!

ちょっとの投資でコーデに鮮度が蘇る!

「ソックスって、たった数百円の投資でいつもの服を新鮮に蘇らせてくれるアイテム。着なくなっていた服が靴下合わせでスタメン復帰することも! 
私の場合、クロップドパンツやミモレ丈のスカートと合わせるのが定番。ボトムスとの間に肌を少量見せるとうまくいくんです。
逆に肌が出すぎると、足が太く短く見えてしまうので要注意。ソックスに抵抗がある人は、黒ヒール×黒ソックスのように同系色で取り入れてみれば、ショートブーツ感覚でトライしやすいはずです」(竹岡さん)

それでは、足元にフィーチャーして見てみましょう。
まず、一番右の着こなしに合わせた靴下コーデがこちら。実はこの技ありソックス、GINGER11月号の付録でついてくる"透けボーダーソックス”なのです。
こんな風にソックスと同色のパンプス合わせなら、エッジィな透けボーダーもほどよくなじんでトライしやすいのです。作った編集部一同、参考になるね〜と感心!

続いて写真中央のソックスコーディネートがこちら。
ドットワンピ×トレンチコート×ヒールサンダルというレディ度高めなコーディネートも、色ソックスを取り入れることで全体が媚びない印象に。
本人曰く今「ピンクがキテる」そう。ノーマークだった色ソックスがこんなに使えるなんて驚きです!

そして、一番左のスニーカースタイルがこちら。ストリート感強めな黒スニーカーには、メンズ界でも定番の白ソックスをチョイス。キレイ色コートを足元でハズすテクニックは参考になりますね。黒ソックスでなじませず、白を効かせるハズし技がツウです。

続いてこちら2つのコーディネート。まずは向かって右のベロアソックスに注目!

地厚なコーデュロイパンツには、コットンのソックスではカジュアル度が強すぎるところ、光沢のあるベルベットソックスなら、ほどよくキレイめに仕上がります。上品なベルベット素材なら、レディなヒール靴ともマッチ!

そして左のカジュアルMIXな着こなしには・・・薄手の黒ソックスをセレクト! レオパード柄が派手なので、シンプルなソックスを合わせるのがベター。素足では軽すぎ、タイツでは抜け感不足なところ、ソックス合わせならちょうどいいのです。

そして最後はこちらの2コーデをご紹介。

実はこのブラウンソックスも、GINGER11号号の付録。黒と同じような感覚で使えるチョコレートブラウンは、履き回し力も抜群。
竹岡さんにも「秋らしいブラウンが使える」と太鼓判いただきました♪ 黒が重すぎるときは、コントラストの弱い茶色にするとなじみやすいそう。少量の肌見せがこなれて見せるポイントです。

このように、「服そのものはベーシックなのに、なんか素敵!」と思わせてしまう竹岡さんの私服スタイルの秘密は、足元のちょっとしたソックス合わせにありました。こんな風にチラ見せするだけで、自然とおしゃれ偏差値が上がります。明日からそっそく、トライしてみましょう!

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る