1枚のタンクトップでここまで着回せる!~大人が買うべき夏服図鑑

たくさんの服を持っていたとしても、それを着こなす力がなかったら宝の持ち腐れ。今私たちが目指すべきは、ひとつのアイテムを最大限に活用する、“服と密な関係が築けるおしゃれ”。そんな理想を現実にする、この夏のおすすめアイテムを公開します。

今回ご紹介するのは、定番ながらも小ワザが効いたタンクトップ!

大人が買うべき服→定番色のデザインタンクトップ

まるでタンクトップとキャミソールをレイヤードしたようなデザイン。だから、一枚で着てもサマになる存在感。もちろんインナーとしても使えるので、持っていると本気で重宝します♪

タンクトップ¥7,500/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店)

こう着る!その1:シャツジャケットのインに仕込む

脇役として活用しやすいのが、タンクトップの最大の魅力。シャツとの定番同士の組み合わせでは、お遊びバッグでアップデートして。

リネンジャケット¥28,000/ピルグリム サーフ+サプライ デニムパンツ¥45,000/リダン(ビオトープ) ピアス¥19,500/ソワリー サングラス¥19,000/エーディーエスアール(シック) バッグ¥3,400/シトラス(アダム エ ロペ) ローファー¥48,000/ネブローニ(メゾン イエナ)

こう着る!その2:さらっと一枚で着て、ヘルシーいい女

デザインが効いたタンクトップだから、そのまま着ても洒落感が生まれます。肌見せ感が強調されないよう、主役級の小物を散りばめてバランスをとって。

デニムパンツ¥45,000/リダン(ビオトープ)ハット¥13,000/サンフランシスコハット(ピルグリム サーフ+サプライ) ネックレス[シルバー]¥9,000、[ナンバー]¥12,500、[イニシャル]¥16,000/すべてアルス(ジェンマ アルス) バッグに巻いたスカーフ¥14,000/バンビエン(フレームワーク ルミネ新宿店) バッグ¥23,000/アロン(CPR トウキョウ)

こう着る!その3:シースルーシャツの肌見せ感を調整  

今年らしいおしゃれを狙うなら、旬の透けシャツをコーデに投入! 透けて見える素肌感が気になる人は、キャミソールよりもタンクトップを合わせたほうがヘルシーで正解。

シアーシャツ¥13,800/メゾン スペシャル(メゾン スペシャル 青山店) テーパードパンツ¥14,000/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) キャップ¥34,000/マサカズ フルサワ(UTS PR) バッグ¥42,000/リトルリフナー(エストネーション) サンダル¥8,990/スライ(バロックジャパンリミテッド)


こう着る!その4:華奢ストラップのジャンスカに重ねる


細ストラップのワンピースやジャンパースカートと、タンクトップは相性抜群。インパクトの強いレオパード柄はボーイズライクな小物でカジュアルに。

レオパード2WAYジャンパースカート¥7,990/スライ(バロックジャパンリミテッド) バケットハット¥6,800/リッジウッドキャップス(フレームワーク ルミネ新宿店) ネックレス¥20,000/サンタンジェロ(ジャーナル スタンダード 表参道) バッグ¥15,000/マロウ(シック) スニーカー¥77,000/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)

インナーアイテムとしてのイメージが強いタンクトップも、選びと着こなし方で主役になりうるのです。‟密な関係”になれる服を手に入れて、あなたの着回し力をアップさせて!


撮影/[モデル]渡辺謙太郎(MOUSTACHE)、[静物]坂田幸一
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/谷川りさこ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る