【人気スタイリスト×読者変身企画】男のコ見え→今っぽハンサムに昇華する方法

T.P.Oに応じた着こなしが求められるアラサー世代ですが、その反面、体型の変化や似合う服のテイストが顕著になりはじめ「おしゃれの悩みが尽きません・・・」という声も多く聞こえてきます。


そこでこの記事では、人気スタイリストNIMUさんがおしゃれに悩む読者を劇的に変身させる模様をノンフィクションでお届け! 明日からすぐ取り入れられる着こなし術も一緒にご紹介します。

ルーズに着こなす旬シルエット

今回NIMUさんが変身させるのは、メンズライクなアイテムが好きな雨宮七紀さん(26歳/アパレル)。
「いつもボーイッシュにまとまってしまいます。ハンサムな今っぽい着こなしを知りたいです!」(雨宮さん)


→定番のトラッドアイテムをオーバーサイズにシフト

「シャツやワークパンツをオーバーサイズに切り替えて、ゆる×ゆるのルーズなシルエットに挑戦してみて。動きのある大胆なアウトラインが、ドラマティックで目を引きます」(NIMUさん)

シャツ¥21,000/スタイリング/ パンツ¥18,000/k3&co.×GRAMICCI(ケイスリー オフィス) バッグ¥16,000/マロウ(シップス 名古屋店) サンダル¥15,000/ラオコンテ(ジャーナル スタンダード 表参道)


ここもポイント!

ミニマルなバッグできちんと感を出す

「ずるっとしたアイテム同士の着こなしなので、小物はきちんとさせて足し引き算をして。シンプルなショルダーバッグをさらりとかけて縦長のシルエットを活かしましょう」(NIMUさん)

〈左〉バッグ¥21,000/アンリッド 〈右〉バッグ¥27,000/アエタ(シップス 名古屋店)


足元はサンダルで抜け感をプラス

「服の布ボリュームが多いからこそ、足元の抜け感が重要。ゴテッとした重いローファーやブーツから、春はシンプルなサンダルに履き替えて洗練された雰囲気にシフトして」(NIMUさん)

〈左〉サンダル¥15,000/ラオコン(シップス 有楽町店) 〈右〉サンダル¥10,000/タビタ(シップス 有楽町店)

シンプルなアイテム同士の組み合わせも、シルエットを工夫することで今っぽいハンサムスタイルに!
NIMUさんの着こなし術、ぜひ参考にしてみてください。

撮影/[人物]曽根将樹(PEACE MONKEY)、[静物]寺山恵子
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/沼田真実(ilumini)

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る