パリジェンヌコーデを盛り上げるマストなおしゃれ4アイテムとは?

パリもそろそろ夏本番。日中は太陽の光が降り注ぎ、肌見せファッションが楽しくなる時期です。相変わらずスキニーデニムが定番のパリジェンヌですが、夏らしさをアピールすることも忘れていません。私たちも普段のデニムスタイルにちょっとパリらしさを取り入れた着こなしを楽しんでみませんか? 今回は夏のパリジェンヌルックを盛り上げるマストな4アイテムをご紹介します。

サンダルはレザーが基本!メタリックカラーならモードに

From Getty Image

パリジェンヌのデニムスタイルに欠かせないのが、レザーサンダル。ラフ感を演出するビーチサンダル派は少なく、きちんと感のあるレザータイプが好まれます。デザインはトングタイプより、ストラップがついたものの方が断然人気。色はシックなブラックやブラウンをはじめ、コーディネートのアクセントになるゴールドやシルバーがマスト。さらにレオパードやゼブラ柄とのコンビなら、モードな雰囲気も備わります。シンプルなデニムスタイルには、少しパンチのきいたサンダルを合わせるのがおすすめです。

フットネイルは「ポップなカラー」で魅せる

From Getty Image

サンダルの足元をひと際おしゃれに演出してくれるのがネイル。パリジェンヌだからシックな色を選ぶと思いきや、赤やオレンジ、イエローなどポップなカラーが目立ちます。「おしゃれにはそれほど興味はないわ」と言いたげな女子でも、フットネイルは完璧だったり。ファッションの一部というよりは、女性らしさを高めるためのアイテムなのかも。自由気ままに色を楽しむならセルフネイルで十分です。

サングラスはラウンド型でクールに

From Getty Image

夏のパリは特に日射しが強く、サングラス無しで街を歩くのは非常に厳しいもの。サングラスは目を保護するのに欠かせないアイテムであると同時に、おしゃれ見えする優秀小物なのです。パリジェンヌはカラーフレームで冒険するというよりは、長く使えるブランドものや、シンプルながらも旬デザインのものをセレクト。特にファッショニスタに人気なのが、華奢なフレームのラウンドタイプ。気取らずクールに取り入れてみては?

ブレスレットは女性らしく「細め」をセレクト

From Getty Image

パリジェンヌの夏の手元を飾るのは、華奢なブレスレット。細いコードにチャームがついたものや、シンプルなシルバータイプなどさまざま。ときには、それらを重ね付けすることもあります。ボリュームは控えめにして、女性らしくがポイント。そしてリーズナブルなものを上手に取り入れるのも、お手本にしたいところです。プチプラアクセが揃うファストファッションブランドなら、お気に入りがきっと見つかるはず。いくつか揃えておくと重宝しますよ。

Tシャツにスキニーデニムを合わせたものの、ちょっとシンプル過ぎ?という日は、パリジェンヌを意識して4アイテムを取り入れてみてはいかがでしょう。さりげなくおしゃれに見せるコツをつかんで、この夏のコーディネートを盛り上げてくださいね。

文/KUMICO


KUMICO/フリーライター
ナビゲーター
KUMICO/フリーライター
大阪在住。アパレルメーカー勤務を経てフリーライターに。パリジェンヌの普段着に着目し、リアルなパリ流スタイルを提案。フランス情報サイトFRANCE365にて「くみこのパリおしゃれ手帖」連載中。「おいしいもの」のチェックも欠かさない。
このナビゲーターの記事を見る