ぽっちゃりの印象は首元で決まる! やせ感UPなトップスの選び方

何を着てもなんだかぽっちゃりして見える…。なら、ちょっと首元の印象を変えてみて! スリムに見えるおしゃれなパリジェンヌが実践する「-3kgに魅せる」トップスセレクト術をご公開。実際より太って見えるなんてことからこの春、卒業してみませんか? (イラストと文章は『パリジェンヌ流 着やせスタイリング』より転載)

デコルテを出せば身長が高く見える!

パリジェンヌの首元は共通しています。つまったタイプより、デコルテが出るのがお好み。 出しすぎなくらいに! これは首の肌色を延長し、身長を高く感じさせるスタイルアップ術です。

鎖骨の「骨感」でシャープな印象を演出

それだけに留まりません。デコルテを出す、出さないで比較すると、「スリムに見せる」要因が見いだせます。 なるべく鎖骨を出して見せるのは、そこに骨のカンジがあるから。つまり肉付きのない場所である鎖骨が見えると、その「骨感」が全体の印象をシャープな方向へ導きます。それだけでも着やせは成功すると言ってもいいほどです。

首元に目線を集めて、スリムな印象を作る!

そもそも人の目線はだいたい全体像の中心より上に設定されますから、全身の上部、「首元」は非常に大事。ここだけでも骨っぽければ、実際より太っては見えません。

米澤よう子
ナビゲーター
米澤よう子
東京生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務した後、1993年にイラストレーターとして独立。大手企業の商品パッケージや広告ビジュアル、女性誌や書籍、WEBのイラストなど多媒体で活躍。2004年から2008年の間、拠点をパリに移して日仏で作品を発表。特にパリの高級百貨店、ボン・マルシェでの個展は高い評価を得た。帰国後、独自の目線で「パリジェンヌのおしゃれ術」を解説したイラストエッセイを多数刊行し、幅広い層から支持を集める。近著に『パリ流おしゃれアレンジ! 1~2』『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』『パリジェンヌ流おしゃれライフ』など。
このナビゲーターの記事を見る