おしゃれプロが語る、今こそ狙いたいおすすめ服~スタイリスト竹岡千恵さん①

ファッションを愛するスタイリストたちは、まさに「ファッションオタク」そのもの。そんな、トレンドを熟知したスタイリストが“推す”トレンドとは? そこにはきっと旬スタイルのヒントが隠されているはず!   


昨年から気になっていたサファリテイストが、この夏一番着たいテイストに変わったというスタイリスト竹岡千恵さん。
メンズライクなだけじゃない、“新生サファリ”のアウターはまさに今着たい服! 

フェミニンに変わった、新・サファリジャケットに注目

メンズ要素の強いサファリジャケットに、どこか女っぽさを足したデザインが今年の主流。着こなしもカジュアルだけにならない、ほどよい加減を計算して。

リラクシーな抜け感を生むシャツのような軽さ

コットンリネンのサファリジャケットは、ゆったり着崩して抜け感を意識。フェミニンなニットセットアップにほどよいラフさを与えてくれます。

ジャケット¥23,000/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ニットトップス¥21,000、スカート¥24,000/ともにデ・プレ バッグ¥49,000/スーザン アレクサンドラ(スーパー エー マーケット 青山) パンプス¥32,000/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店)

ラフさを抑えてきちんと感を演出するノーカラーデザイン

ノーカラーにするだけで、上品なムードが漂う一枚。オフホワイトもメンズっぽさを感じさせないポイントです。

サファリジャケット¥49,000/イン、バッグ¥50,000/ストラスベリー(ともにブランドニュース) バミューダパンツ¥16,000/パブリックトウキョウ(パブリック トウキョウ渋谷店) サングラス¥19,000/エーディーエスアール(シック) バングル¥4,900/エルク(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

カラダをやさしく包む落ち感素材でエレガントに魅せる

女性らしいフォルムをメイクする、柔らかな素材が新鮮。トレンドのサテンワンピースともマッチして、印象的なハーモニーを生み出します。

半袖サファリジャケット¥83,000/マディソンブルー(ドローイング ナンバーズ 南青山店) タイダイワンピース¥33,000/スーベニア(ジャーナル スタンダード表参道) イヤカフ¥11,000、イヤリング¥10,500、バングル¥23,000/すべてソワリー ネックレス¥48,000/アグメス(ザ ストア バイ シー 代官山店) バッグ¥58,000/ザンケッティ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) サンダル¥135,000/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)


大人女子にもハマる“新生サファリ“。今回紹介した、着回しやすいサファリジャケットなら、今すぐ手に入れて損はありません!

撮影/藤原宏(Pygmy company)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management)
モデル/泉はる

※プライスはすべて税抜です。  

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る