海外セレブの最旬アイテム「テディベアコート」が気になる!

「テディベアコート」って、ご存じですか? 欧米では「テディコート」とも呼ばれている、このアイテム。その名のとおり、ぬいぐるみのテディベアみたいにモコモコした、あったかそうなボアコートのこと。
冬も本格化し、おしゃれよりも防寒を優先してしまいそうな季節に、どちらも両立してくれるキュートなこのコートの人気が急上昇! インスタグラマーたちがこぞってクマの絵文字とともに、その着こなしを披露しているほか、英国のファッションアイコン、アレクサ・チャンやロージー・ハンティントン=ホワイトリーなども絶賛愛用中のようです。

王道マックスマーラのキャメル

Licensed by Getty Images

セレブが支持する上品なモコモココートは王道のマックスマーラ。2017年秋冬コレクションに発表された「オーレリア テディベア アイコンコート」で、40万円近いハイプライスながら、完売してしまうほどの人気なのだとか。

得意の辛口なブラックスタイルに、リュクス感たっぷりなキャメルのモコモココートを羽織って女らしさをアップさせたのは、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。ペイジのレザーレギンスとアライアのスエードブーツでシャープな印象のカジュアルを、ぬくぬくとあったかそうなコーデに仕上げています。

サンローランのバッグを抱えて、レディライクに。

Licensed by Getty Images

マックスマーラのコレクションのランウェイで、このコートを着用したエルザ・ホスク。プライベートでは、リラックス度の高いデニムonデニムに合わせることで、コートのエレガントさをアピール。

コートとスチュアート・ワイツマンのブーツは茶系に、ディオールのバッグとデニムはブルー系に、相性よくまとめた着こなしにセンスのよさが光っていますね。

プチプラ!H&Mのベージュ

Licensed by Getty Images

ファッショニスタに人気が高い、優しげなベージュのパイルコートは、英国のH&M公式サイトによるとなんと約1万円というプチプライス。ジャケット、ショートコートとバリエーションがあるなかでもロングが断然売れっ子で、こちらもソールドアウト状態。

ベルリンのブロガー、マキリエ・ミリナリスキーは、ドクター・デニムのブラックスキニーにこのコートを合わせて、女性らしい柔らかな雰囲気をアップ。今年っぽさを意識した、シャネルのチェーンバッグとイザベル・マランのマウンテンブーツの赤が、差し色効果を発揮しています。

イエローレンズのサングラスでファッショニスタらしい遊び心をプラス。

Licensed by Getty Images

こちらもドイツ出身で、モデルのジュリア・レインウェバー。アディダスのジョグパンがポイントになるアスレジャースタイルに、テディコートであったかそうにトレンド感を添えています。

ニットはザラ、バッグはマンゴー、ブーツもH&M・・・と各国ファストブランドを集結させたプチプラなブラックコーデは、グッチのスカーフをさらりとかけてクラス感アップ。

さらにソフトな印象のオフホワイト

Licensed by Getty Images

クラシカルなヴィクトリアン調のロングドレスに、スウィートなシアリングコートを重ねて、ロンドンで開かれたファッションアワードの授賞式に出席したセレーナ・ゴメス。格上のガーリー感がただようコーチのフルルックは、彼女のためにカスタマイズされたものなんだとか。

女子力高めなホワイト系ワントーンに、コートのモコモコの質感が効いていますね。

ぬくぬくとあったかそうで、なんだかモテ度も上がりそうなテディベアコート。ファーのゴージャス感とは違って、カジュアルにも似合う女らしさも魅力ですね。
そろそろ冬物ショッピングのラストシーズン、コートでぬいぐるみみたいな可愛さを手に入れてみては?

文/江口暁子



江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る