おしゃれ達人は2020年に何を着る?を発表!~スタイリスト竹岡千恵さん

いつだって自分らしさを求めているけれど、“2020年”はどこか特別。いつも以上に “みんなと同じ”ではいたくないから、着たい服はしっかり明確にしておくべき。
そこで、GINGERスタイリストのファッション計画を緊急リサーチ。おしゃれな人は新たな年に何を着る⁉    

この記事では、『GINGER』をはじめ女性誌を中心に活躍するスタイリスト 竹岡千恵さんの「2020年ファッション計画」をフイーチャーします。

正統派クラシカルで服の力を感じたい

「ずっとカジュアルやリラクシーなワイドラインがトレンドだったせいか、“キレイめな服をきちんと着たい”という思いが湧き立ってきました」
そう話す竹岡さんは、幅広いスタイリングで『GINGER』読者から絶大な支持を獲得しています。

彼女が手に取ったのは、ジャケットやシャツにスラックス。

「普遍的に永く愛されてきた服はやっぱりとても美しくて、その服本来のカタチをそのまま活かしたい。トレンド服もワクワクするけれど、今は愛すべき特別な一枚を見つけたい。計算されたシルエットやこだわりの素材・・・服の魅力をそのまま堪能する。服好きとしての基本に立ち戻りたい、2020年はそんな気分です」

女っぽさは封印! マニッシュスタイルはメンズ要素全開で

メンズライクなジャケットは、フェミニン要素を足してMIXバランスを計算するよりも、今は昔ながらのマニッシュスタイルがしっくりくる。足元までメンズライクにまとめて。

チェック柄ジャケット¥180,000、シャツ¥30,000/ともにビューティフル ピープル(ビューティフル ピープル 銀座三越)パンツ¥7,800/ミラ オーウェン ローファー¥105,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)


背筋が伸びる端正なジャケット。王道のデニムで抜け感ゼロに

凛とした美しいジャケットを、細身のデニムでとことん王道な着こなしに。インは繊細なクラシカルレースブラウス。ラフに崩さない着こなしが今、新鮮に感じられます。

黒ジャケット¥87,000/ビューティフル ピープル(ビューティフルピープル銀座三越) 中に着たレースブラウス¥16,000/アイレネ(ルシェルブルー カスタマーサービス) デニムパンツ¥28,000/カレント エリオット(サザビーリーグ) サングラス¥46,000/モスコット(モスコット トウキョウ) スクエアモチーフネックレス¥74,000、フェザーモチーフネックレス¥105,000/ともにジジ(ホワイトオフィス) コインモチーフネックレス¥15,000/アルス(ジェンマ アルス) ブーツ¥33,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

バッグは上質なモノを。育てて自分色に染める

バッグはしっかりとした作りのハイブランドが一番使える。意外とベーシックなデザインより、柄や色が効いているほうが合わせやすい!

〈左から〉バッグ(SAINT LAURENT)、バッグ(GUCCI)、バッグ(LOEWE)/すべてスタイリスト私物


原点回帰とも言える竹岡さんの2020ファッション計画。長らく続いたリラクシーブームもそろそろ飽きてきたのでは!?  新年は背筋が伸びるような、かっちりしたアイテムをまずは手に入れてみては?

撮影/藤原宏(Pygmy Company)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/加納奈々美
撮影協力/TITLES

※プライスはすべて税抜です。  

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る