今、デニムを買い替えるなら?明日から即役に立つ、このカラーが狙いめです

シーズン端境期に出番が多くなるのは、やはり定番服。なかでもデニムは、夏の終わりから秋冬にかけてますますヘビーローテーションに。
今まさに新しいデニムを買うなら・・・実はライトブルーがおすすめ! いつもの着こなしが活性化されるその威力、参考となるコーディネートとともにご紹介します。

今買うべき服→ライトブルーデニムパンツ

太めラインのブームが長らく続いていますが、着こなしをアップデートさせたいなら、新鮮さと着回し力を考えたストレートデニムが◎。そして、コーデにこなれ感をもたらす、こんな色合いのライトブルーに挑戦してみましょう。

デニムパンツ¥45,000/リダン(ビオトープ)

こう着る!その1:定番色タンクトップがフレッシュに

定番色ブラウンのタンクトップと組ませたら、デニムカラーのおかげで印象が一挙に明るくチェンジ。夏終わりは、こんなリラックスした雰囲気のおしゃれがしたい!

ハット¥13,000/サンフランシスコハット(ピルグリム サーフ+サプライ) タンクトップ¥7,500/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店)  ネックレス(シルバー)¥9,000、(ナンバー)¥12,500、(イニシャル)¥16,000/すべてアルス(ジェンマ アルス) バッグに巻いたスカーフ¥14,000/バンビエン(フレームワーク ルミネ新宿店) バッグ¥23,000/アロン(CPR トウキョウ)

こう着る!その2:シアーシャツ+カーデでキレイめに

トレンドのシアーなシャツと、爽やかカラーのカーディガンをレイヤード。上半身のキレイめ印象にもマッチする、ライトブルーのデニムを合わせれば、デートもOKのフェミニンなスタイルが完成。

カーディガン¥29,000/オーラリー(エストネーション) シアーシャツ¥13,800/メゾン スペシャル(メゾン スペシャル 青山店) バッグ¥26,000/イマイエン(アダム エ ロペ) サンダル¥18,000/ロペ マドモアゼル

こう着る!その3:夏ワンピをまだまだ楽しみたい日に

お気に入りの夏ワンピース、デニムを重ねれば着こなし期間を延長できます。ほどよくカジュアルダウンできるうえに、おしゃれ感も倍増!

サングラス¥31,000/オリバー ピープルズ(ブリンク外苑前) ティアードキャミワンピース¥21,000/ルシェルブルー バッグ¥26,000/サン アルシデ(ロペ マドモアゼル)サンダル¥11,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

こう着る!その4:Tシャツをインしてアクティブに

プリントTシャツ+デニムパンツの定番すぎるコンビも、デニムのカラーが明るくなるだけでイメージ一新。Tシャツの裾はパンツにインして、ウエストにシアーシャツを巻いてアレンジして。休日のお出かけも、これでパーフェクト。

プリントTシャツ¥11,000/リサ キング(アダム エ ロペ) シアーシャツ¥13,800/メゾン スペシャル(メゾン スペシャル 青山店) ピアス¥12,000/ジェンマ アルス 胸元に掛けたサングラス¥19,000/エーディーエスアール(シック) かごバッグ¥9,900/ビリティス・ディセッタン(ビリティス) サンダル¥11,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

My定番アイテムは、定期的に見直し&入れ替えがマスト。そろそろデニムを更新して、脱マンネリしていきましょう!

撮影/[モデル]渡辺謙太郎(MOUSTACHE)、[静物]坂田幸一
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/谷川りさこ、ぼん

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る