【おしゃれ業界人の舞台裏】着る服だけを集めた、すっきりと見やすい収納術

トレンド最前線に立つ、ファッションマニアたちのクローゼットを突撃訪問。彼女たちのおしゃれマインドが詰まった、秘密の扉をオープンします!

今回ご紹介するのはフリーPR 上枝みどりさんの自宅のクローゼット。すっきり整理整頓されたクローゼットの収納術を見てみましょう。

"着る服だけ"を集めたサステナブルなワードローブ

壁面のクローゼットに気持ち良く配置された上枝さんのワードローブ。
「必要のないものはマメに断捨離して、中に入る分だけの服を持つことを心掛けています。昔はもっと服を持っていたけど、今はできるだけミニマムにしたいと思っているところ」

そんな正しい取捨選択で、すっきりと身軽なクローゼットができています。

アイテムごとに分類して選びやすさを重視

「右側はワンピースや長い丈のもの、真ん中はスカートやパンツ、左側はジャケット、それぞれのアイテム別に収納しています。洋服下のデッドスペースにもケースを使って効率良く収納をしています」(上枝さん)

ハンガーは手頃なニトリのものを愛用。ハンガーと服の向きを揃えれば、見た目もきれい。


インナーやトップスなどは、畳んで立てるのがたくさん入れるコツ。

ポータブルなボックス収納で整理

「バッグなどのファッション小物はそのまま入れると散らかるので、ちょうどいいサイズのワイヤーかごや書類ボックスの中に入れて整理整頓。取り出しやすく、どこにあるか把握できます」(上枝さん)

枕棚のワイヤーかごは無印良品で購入したもの。かさばりがちな小さめのバッグは、かごの中に入れてまとめています。

インテリアのようにアクセをディスプレイ

「毎日のおしゃれの仕上げに欠かせないアクセはリビングの棚に飾るように置いています。見える部分だから、モノを無駄に増やさないための心構えにもなっています」(上枝さん)

クリアなアクリルボックスは無印良品のもの。べロア仕切りで、失くしがちな小さなアクセから壊れやすい繊細なものまで、大切に保管ができます。

毎日のおしゃれを作るクローゼットはきれいに保ちたいもの。上枝さんの収納術を、ぜひ参考にしてみて!

撮影/本多康司

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る