マリエが”贅沢”を感じる瞬間とは?――最高の仲間と仕事する!

“モノ”として残るわけではないけれど、得られる感動や刺激が感性を磨き、自分を高めてくれる――。そんな経験型の贅沢が、クリエイティブな人たちの、あふれ出るセンスの源。 今回は、今年6月に自身のファッションブランド PASCAL MARIE DESMARAISを立ち上げたマリエさんに、最近”贅沢”を感じる瞬間について語っていただきました。 

”贅沢”の基準は、自分しだい

与えてもらったモノの贅沢ではなく、自ら努力して手に入れて“贅沢だと感じられるコト”こそ、かけがえのないもの。笑顔で取材班を迎えてくれたマリエさんは、満ち足りた表情でそう語ってくれました。
「好きな仲間と好きな仕事をしている今の私は、これまで生きてきたなかで一番、贅沢だと思います。お金をかけたり特別なことをしなくても、自分が望む贅沢の着地点は誰にでも必ずあるもの。それを見つけ、掴み取ることができるかどうか・・・すべては自分しだいですよね」

全国を回るファッションツアーを敢行

そんなマリエさんはこの夏、信頼できる仲間たちとともに、ファッションツアーとして地方の職人さんやショップを訪ねて回ったそう。岡山のデニム工場では、ひとつひとつのプロセスに感動。大分では竹細工の工場にて、モノ作りの現場を視察。まさに、一瞬一瞬が贅沢なひとときだったといいます。「各地で温かく迎え入れていただけて。それにバス内でもクリエイティブの話が止まらず、仲間に恵まれていることを実感しました」

ファンの応援が本当にうれしい

ツアー中には、ファンと間近で接することができるイベントも多数開催。仙台のセレクトショップ Revolutionでのトークショーには、たくさんの人が訪れていたようです。応援してくれる人たちも、マリエさんにとっては大切な仲間。「全国各地で出会った笑顔に、本当に支えられています」


GINGER1月号ではさらに詳しく、自身の”贅沢”観を語っていただきました。ぜひチェックしてくださいね!


まりえ●1987年6月20日生まれ、東京都出身。モデルとして活躍後、2011年にN.Y.へ渡りデザイナーに転身。今年6月に自身のファッションブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」を立ち上げる。
PASCAL MARIE DESMARAIS公式サイト: https://www.pascalmariedesmarais.com/


〈記事トップ写真〉
撮影/内山めぐみ
ヘア&メイク/斉藤誠(Lila)

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る