デニム、甘い服、帽子・・・苦手アイテムを味方につけておしゃれする方法とは?

身長や顔つき、肌の色にいたるまで、人それぞれ違うのは当然。ないものねだりをすればキリがないけれど、 あきらめなきゃいけない服なんてないのです。大事なのは、自身の特性を踏まえたうえで、“似合うように”着こなしテクを磨くこと! 
今回は、ハードルの高いトレンドアイテムへの苦手意識を克服するべく、初心者でもトライしやすい着こなしテクニックをご紹介していきます。

苦手なデニムを克服する3つの方法

デニムが苦手で避けてきた・・・という人も、その理由はさまざま。普段きれいめなスタイルが定番であれば、デニムはラフすぎて抵抗がある、と感じる人もいるでしょう。
そんなきれいめ派には、センタープレスの入ったワイドクロップドでダメージを払拭した、トラウザー風デニムが品よくはけておすすめです。

デニムパンツ ¥39,000/J & M デヴィッドソン(J & M デヴィッドソン 青山店) ニット トップス¥17,000/シティ(シティ ニュウマン新宿店)  時計¥55,000/ ヴァンドーム青山(ヴァンドーム青山本店) バッグ¥26,000/マニプリ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) パンプス¥23,000/ファビオ ルスコーニ(ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店)

スタイルが悪く見えそうでデニムは敬遠しがち・・・という人におすすめしたいのが、超スタイルアップデニム。ハイウエストな股上、裾に向かって緩やかに広がるシルエットなど、脚 を細く長く見せるよう計算し尽くされたスーパー美脚デニムです。
これまで何通りものシルエットが開発されてきたデニムだからこそ叶えられる、最高峰の美脚ラインは、一度試してみる価値あり!

ワイドハイウエストデニムパンツ¥26,000/ウォードブルー(ヤマツゥ) ブラウス¥17,000/エリオポール(エリオポ ール代官山) ピアス¥7,500、バッグ¥12,000/ともにアルアバイル サンダル¥25,000/ジルスチュアート(ジルスチュアート 青山店)

デニムのなかでもタイトなスキニーは、下半身のシルエットが出てしまうので苦手・・・という人は、まずはレイヤードからトライしてみるとよいでしょう。ボリューミィなワンピの下に重ねても、スキニーなら着膨れする心配は不要です。レギンス感覚で気軽に重ね着を楽しめますよ。 

スキニーデニムパン ツ¥11,990/スライ(バロックジャパンリミテッド) ワンピース¥8,800/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)  ハット¥14,800/カシラ(カシラ ショールーム)  バッグ¥15,000/ハブファン(フォーティーン ショ ールーム)  サンダル¥24,000/マウロ デ バリ(ルフトローブ)

甘い服が苦手でも着やすいデート服

フェミニンなデザインが苦手という人や、肌見せに抵抗がある場合、合コンやデートに着ていく服は迷ってしまいますよね。そんなときトライしやすいのが部分透け。うっすら透ける素材感なら、品を損なうことなく嫌味ない女らしさが手に入ります

トップス¥14,000/フレイ アイディー パ ンツ¥16,600/シップス(シップス 渋谷店) ピアス ¥11,800/ガス ビジュー(ガス ビジュー 青山)  バッグ¥26,000/シアタープロダクツ(シアタープロダク ツ表参道本店)  パンプス¥30,000/エンフォルド

帽子の恥ずかしさを取っ払う旬デザイン

被りものの恥ずかしさは、普段とは違う唐突感からくる場合がほとんど。途端にストリート感が強かったり、いつもと違うマニッシュ感だったり、女性像が変わりすぎると気恥ずかしく感じるものです。まずはきれいめな帽子からトライしてみましょう。
トレンドのベレー帽は、高さがあるものを選ぶのが、絵描き風に見せないコツ! 

ベレー帽¥3,900/キャセリーニ(シップス 渋谷店)  シャツ ¥23,000ル ザ ビル(シック)  イヤリング¥7,500/ステュ ディオス(ステュディオス ウィメンズ 新宿店)

キャスケットは、ボリューム感を抑えたコンパクトなフォルムを選んで。

キャスケット¥7,000/カシラ(カシラ ショールーム)  ニット ¥4,990/プラステ   ピアス¥790/フォーエバー21(フォーエバー21 オンラインショップカスタマーサービス)

素材感ひとつで、大人っぽく見せることは可能。やんちゃなキャップは、光沢素材を選べばきれいめ印象をキープできます。

サテンキャップ¥6,400/シップス(シップス 谷店)  キャミソール ¥16,000、ホワイトジャケット¥46,000/ともにセオリー  ネック レス¥82,000/ヴァンドーム青山(ヴァンドーム青山本店)

「難しそう」「自分には似合わない・・・」などという思い込みで、もしも遠ざけているアイテムがあったとしたら、それはもったいないこと。ちょっとした選びのコツや、着こなしのテクニックを磨くだけで、自分のスタイルに取り込むことはいくらでも可能です。
この夏は苦手意識を取っ払って、新たなアイテムにトライしてみませんか?

撮影/来家裕介(aosora)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/加納奈々美、谷川りさこ、丸山リサ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る