2020年もやっぱり頼りになる!「キャメル」コートはこう着こなす

上品で女らしい「キャメル」コートは、海外セレブも毎冬のように愛用しているアイテム。マニッシュなチェスターコートでも、レディライクなラップコートでも、エレガントな「キャメル」色の威力で大人っぽく仕上がるのが魅力です。

さらにカジュアルからきれいめまで、いろいろなテイストとのMIXスタイルが楽しめて、どんな色とも相性がいいことも人気の秘密。ファッショニスタたちがこの冬、どんな配色で着こなしているのか、チェックしてみました!

「キャメル」×ホワイト

アメリカではストリートスタイルの女王として注目を集めるヘイリー・ビーバー。

ビッグシルエットが今っぽいバレンシアガのキャメルコートから覗かせたのは、クリーンなホワイトスウェットの上下。ストリート感満載なこのセットアップはNY発シドニー・ジョーダンのもので、アレキサンダー・ワンのスニーカーもホワイトで揃えて、ヘルシーさをキープしています。

セリーヌのサングラスでクールに決めながら、サンローランの「カサンドラ」バッグで女らしさを。

「キャメル」×ネイビー

メガヒット海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主要キャラで大ブレイクを果たした、英国人女優エミリア・クラーク。

アメリカの人気トーク番組に出演した彼女は、セリーヌのダブル仕立てのチェスターコートをさらりと肩掛けして、スタジオ入り。ハンサムなドルチェ&ガッバーナのピンストライプスーツは、ジャケットを素肌にそのまま着たような首元のプチ肌見せがセクシーですね。

足元はレバノン発アンドレア・ワゼンのホワイトパンプスで、きれいめかつ軽快な抜け感を。

「キャメル」×ブラウン

エリー・サーブのショーに出席したオリヴィア・パレルモは、トレンドカラーとして人気のブラウンのセットアップに、ミリタリーを意識したようなデザインコートを肩掛け。きちんと感漂う、エルメスのクラシックなブラウスとロングスカートで、ラテカラーのワントーンに仕上げています。

遊びを効かせたのは小物たち。小ぶりながらも、プラスチックチェーンとパイソン柄のポップな配色が目立つバッグは、韓国発ザ・ヴォロンのもの。パンプスとのカラーリンクも相性抜群!

「キャメル」×フォレストグリーン

最近は着回し強化中なご様子のメーガン妃。

ヘンリー王子がパトロンを務めるチャリティのアワード授与式で、2017年クリスマス礼拝で披露したラップコートを肩掛けして登場。こちらは色違いで愛用するほどお気に入りのセンタラーのもので、深いグリーンがシックなパロシュのドレスも婚約発表のときに着用していたもの。

マノロ・ブラニクのブラウンパンプスでアース系ワントーンにまとめつつ、スカーフハンドルが目をひくモンタナスのべっ甲バッグで洗練度アップ。

「キャメル」×パウダーブルー

『WSJ.』誌主催のイベントに、上品オーラたっぷりなキャメルコートコーデで向かうジジ・ハディッド。

すっきりとした比翼タイプのステンカラーコートからチラ見えする、ラッフル裾のドレスはバーバリー。落ち着いたキャメルときれいなパウダーブルーの美配色に、なんだかはっとさせられますね。

ジミー・チュウのパンプスは淡いトーンで控えめにして、心ときめくキラキラバッグをワンポイントに。ソーダみたいなカラービーズがキュートなミニバッグはシャネルのもの。


きれいめなスタイルにはもちろん、マニッシュなスーツにも、ストリートテイストなスウェットにも似合う「キャメル」コート。トレンドを問わないタイムレスな魅力で、長く愛用できそうですよね。この冬のセールで狙ってみてはいかがですか?

文/江口暁子




江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る