この秋は、シャツよりブラウス! 通勤服をもっとおしゃれに♪

きちんと感が重視される通勤服の定番といえば、シャツ。でも、堅く見えすぎてしまったり似たようなコーディネートになりがちで、お仕事服には少々マンネリ感も……。 そんなお悩みも、この秋はすべて「ブラウス」で解決! 毎日何気なく着ているシャツを、女らしいブラウスに差し替えるだけで、得することがいっぱいあるんです♡

ブラウスのお得なポイント① 脱いでも華やか

ジャケットやコートが必要になってくるこれからのシーズン、オフィスの外では“それなり”にカッコよく見えていても、上着を脱いだ途端「なんか地味!」――なんて経験、ありませんか?
シンプルすぎるシャツは、1トップス×1ボトムスになったとき、どうしても物足りなさを感じさせてしまいがちですが、デザイン性のあるブラウスなら心配無用。フリルやレースなどフロントにデザインがあれば、ジャケットを着ているときでさえも、さり気なく存在感を発揮できるのです。

ブラウスのお得なポイント②“色”で冒険できる

シャツでヴィヴィッドカラーを着こなすのは、なかなかハードルの高いことですが、ブラウスであれば定番色以外でも、上品さをキープすることができます。特に、強い色を着るときはオチ感素材を選ぶのがポイントです。

ブラウスのお得ポイント③“柄”でも浮かない

シャツで柄モノを着るとしたら、やはりストライプやチェックが限度でしょうか。でも、ブラウスであれば多少派手めの花柄でもOK! これも、ブラウスの女性らしさや品格があるからこそできるスタイリング。品と華を兼ね備えた“ブラウス”は、オフィスでも好感度が高いので、大きめの柄を選んでも浮かずに安心です。

ブラウスのお得なポイント④ テーブル上で着映えする

例えば会社のデスクや、接待・会食時の席など、お仕事シーンでは上半身の雰囲気がその人の印象を左右することも多いのです。つまり、トップスでいかに素敵に見せるか、印象深い人になれるかというのが命題です。
そんなときも頼りになるのがブラウス。今季のトレンドであるビスチェを重ねたレイヤードスタイルや、変形ボウタイ付きを着るだけで、即今っぽいスタイルに。“無難”で終わらない、印象に残る人を演出することができます。

このように、凛々しいシャツより女らしいブラウスのほうが自由度も高く、そのぶん存在感を発揮することができるのです。何より、仕事服を選ぶのが今よりもっと楽しくなるはず! 明日は早速、いつものシャツをブラウスにチェンジして、会社服を華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る