お手本はキャサリン妃! 結婚式のゲストドレスの色選びで、あなたの王子様を確実に引き寄せる方法とは?

秋はウエディングセレモニーの招待が増える季節です。GINGER世代は「毎月誰かの結婚式…」という方も多いのではないでしょうか? 今回は結婚式に招待されたときに着ていくゲストドレスについて、パーソナルカラー別にご紹介します。似合う色を身にまとえば、「派手ではないのになぜか華がある人」と男性からも女性からも注目の的になりますよ。 第3子ご懐妊でますますハッピーに輝くキャサリン妃。今回は、彼女お得意のカラードレスの着こなしをお手本に、レクチャーしますね。

自分にジャストフィットなゲストドレスを着てパーティーに出かけよう!

From Getty Image

お呼ばれの日は、ヘアもメイクもいつも以上に気を遣っているもの。着ていくお洋服も絶対に失敗したくないですよね。パーソナルカラーのドレスを着ると、「この人こんなに華やかなのに派手に見えない! あか抜けてる!」と思われます。鏡の中の自分がいつもより綺麗だと自分でもうれしくなりますよね。

まずはあなたのタイプをチェック。パーソナルカラーの自己診断はこちら

スプリングタイプの方に似合うのは春のお花畑カラー

From Getty Image

スプリングタイプの方には暖色系の明るい色のワンピースがおすすめです。オレンジやヒヨコのようなイエロー、フレッシュなグリーンが明るい印象を引き立ててくれます。一瞬「こんなに派手な色で大丈夫?」と不安になるかもしれませんが、これを着こなせるのがスプリングタイプです。ぜひチャレンジしてみましょう。

From Getty Image
From Getty Image

サマータイプの方に似合うのは紫陽花カラー

サマータイプの方はパステル系の寒色のドレスがお似合いです。桜色やラベンダー、パステルブルーなどをプラチナの細いアクセサリーと合わせて着てみましょう。ふわっとした色のワントーンでまとめると上品さが際立つ着こなしができます。

From Getty Image
From Getty Image
From Getty Image

オータムタイプの方に似合うのは紅葉カラー

オータムタイプの方は、ナチュラルなイメージもゴージャスなイメージもどちらも得意なのが特徴です。朱赤のドレスで色っぽくキメたり、ベージュ系のドレスで柔らかな雰囲気を出したり、カーキの総レースでカッコよく仕上げたり、その日の気分で可愛い系にも美女系にもイメチェンできます。

From Getty Image
From Getty Image
From Getty Image

ウインタータイプの方に似合うのは青味のあるヴィヴィッドカラー

ウインタータイプの方は、凛とした美しさが持ち味です。ボルドーやロイヤルブルー、また白地に大きな柄が入っているような、コントラストがあるドレスがお似合いです。黒も似合いますが、せっかくの華やかな席なので、思い切って色を楽しみましょう。

From Getty Image
From Getty Image
From Getty Image

結婚式シーズンは自分にジャストフィットした、とっておきのゲストドレスで出かけてみませんか? いつもの倍以上に魅力的に見える笑顔が、きっと新しい出会いを引き寄せてくれるはず!

文/松本典子


【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
パーソナルカラーアナリスト/メイクアップアドバイザー/骨格診断士。東京・日本橋のパーソナルカラー診断・メイクアップサロン「Studio Nori」を主宰。出版社で編集者として働きながら、著名なパーソナルカラーアナリストである矢吹朋子氏に師事。その後出版社を退職し開業。パーソナルカラーの知識に基づくコーディネートやメイクの提案を行っている。目指せ雰囲気美人!
このナビゲーターの記事を見る