どこでも自分時間をつくり出す!クリス-ウェブ佳子さんのバッグの中身

バッグの中身、自信を持って見せられますか? 外側だけでなくその中身にこそ、個性は表れるもの。そんなバッグの中身を今回公開してくれたのは、モデルとして活動する傍ら、コラムニストやラジオパーソナリティとしても活躍中のクリス-ウェブ佳子さん。バッグには、どこでも自分にとって心地よい空間や時間を作れるような、意識の高いモノがずらりと入っていました!

自分時間を大切にする人の、モノからあふれる充実感

BAG 仕事柄、バッグのサイズはPCが入ることが大前提。
1. Macはイラストレーター、ヤナギダマサミさんのステッカーでアレンジ。ケーブルは丈夫で有名なアンカーのもの。「ケースは娘にもらったモノを使っています」
2.マウスピースケース。「歯列矯正を始めてから持ち歩いてます」
3.歯間ブラシや目薬をコンバース トウキョウのポーチに。
4.5.ロエベの財布とカードケース。「財布は年に1度ラッキーカラーに買い替えています」
6.幼稚園児のころから使っているトートを今でも大切に使う。中にはトルマ
リンローラーかっさ、ハンカチ、アイマスクを入れている。
7.ポーチには、ルーカスポーポークリーム、フリスク、ジャンルーのエッセンスオイル、香水、マスキングテープ、リファのローラーを。「フエギア1833というパタゴニア発祥の香水はひとつひとつにストーリーがあって、その世界観が素敵。日本では六本木のグランド ハイアット 東京のみで購入できます」
8.ソニーのα6300。
9.グッチのサングラス。
10.シャワーのときも使えるエラートの防水対応イヤホン。
11.スマイソンのノートとオートのボールペン。
12.スマホケースはケイトスペード。
13.水も必需品。
14.歯磨きセットはエチケットとして。

どこにいても、仕事をしたいときはPCを開いて、リラックスしたいときには好きな香りをかぐ。そんな自由な時間をつくり出す持ち物の数々。少ない荷物で出かけるのもいいけれど、こんなふうに持ち歩けば、気分次第でどこへでも行けてしまいそう!

撮影/石沢義人

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る