「やめることが出来るひと」がモテる理由とは? スタイリスト青木貴子がナビ

何かが終わるとき。何かをやめたくなったとき、やめなくてはならなくなったとき、そのときをあなたはどう迎えていますか? その瞬間をただ待つのか、それとも自分からやめるのか? 潔くやめられるひとって称賛される。続ける努力を惜しまない姿はもちろん素敵だけれど、自分でやめることを選べるひとが魅力的に映るその理由とは? 

続けられないことが起こった時、 どう思う?

From Getty Image

先日、引退を電撃発表したプロゴルファーの宮里藍さん。世界の一線で活躍するなか、32歳での早すぎる引退に世間は騒然! そしてその会見で見せた凛とした爽やかな姿、一層輝きを増した藍さんが話題になりました。
始まりには終わりがある。実際は終わらず続けられることもあるけれど、それはすべてがうまくはまっている場合。そうでないことも世の中にはたくさんあるしやってくる。やめなきゃならないシチュエーション。一生懸命打ち込んでいたり、大好きなことならなおさら、その瞬間を自分で決めるのって、とっても難しいことだと思う。どうしたってこだわっていればいるほど執着心が芽生えてしまう。そしてその執着心が決断を鈍らせる原因に、でも悩んで曇った顔からはどんより、嫌なオーラが! 何かに対して、やめなきゃってことを自覚したら、一刻も早くそれを解決すべき。

自分の心に重心を置く

From Getty Image

彼女の引退理由は「(戦う)モチベーションが戻ってこないから」。モチベーションが戻ってこないことには「自分とも向き合えない」。そう確信したとき、4歳から始めプロになって14年のキャリアを止めることを決断。世界1位にまでなったゴルフ、まだまだ現役を続けられる実力と年齢なのでは?と言う周囲の声を断ち切ったその心の中には「自分の感覚で生きられたら良い」そういう思いがあったんだそう。
自分はどうしたいのか? どうあるのが心地いいのか? 自分の気持ちからは決して逃げない。対象の事柄ではなく、あくまで重点を置くべきは自分の心がどうしたら心地よくなるのか。それに向き合うことが続けることや、やめることへの原動力になる

「諦める」のポジティブな語源って!?

From Getty Image

やめるというと浮かんでくるのが「諦める…」という気持ち。なんとなくネガティブな方向に向かう響きがあるこの言葉。実はその語源はとってもポジティブだって知っていました? 仏教で「諦」は“見極められた道理。真理。真実”の意味をもちます(読み方は「タイ」)。諦めるの語源は「明らかに見る」なんです。道理をわきまえる → 自分の願望が達成されない理由が明らかに! → 納得に至り断念する → だからスッキリ!! という気持ちの経過がなされた結果が諦めるということ。だから全然悪いことではなく、諦めたことによってむしろ新しい境地や段階に進むことが出来るんです。一番必要なのは明らかに見よう!という意志。

「意思」よりすごい「意志」

From Getty Image

藍さんの座右の銘はリンカーンの「意志あるところに道はある」。まさに彼女が大切にしていたのは自らの意志。ゴルフと真剣に向き合い、これまでと同じモチベーションが持てないと明らかにみた結果、引退という意志が生まれ、そして彼女は新しい道へと歩を進めるに至った。その凛とした意志の力が、彼女をより一層魅力的に見せていた要因。
実際、彼女の好感度は引退会見後さらに増したのは周知の通り。ちなみに「意思」は自分の考えや思い。「意志」は何かを“する“と決意して、その気持ちを持続・達成しようとする積極的な心の持ち方を言います。思いがより強く志になったのが意志! 

意志ある姿が魅力的な理由(わけ)

From Getty Image

打ち込めることを見つけて一生懸命に努力して続けることはとっても大切。でも何かを突き詰めてやったとしても、結果がどうなるかは誰にもわからないし、良いことでも悪いことでもない(結果は本人の意思の及ぶところじゃないから)。

やめなくちゃならないことに出会ったとき、覚悟を持って続ける、もしくは潔くやめる。その意志の強さ、先に進もうとする力に人は惹きつけられるのです! 続けるのも相当大変だけれど、やめるのはもしかしたらもっと決断がいることなんじゃないかと思います(もちろん簡単にやめちゃうレベルじゃなく、とことんやった結果にやめる場合、ですよ!)。だからやめることが出来る人は魅力的に見える。誰にでもパッと出来ることじゃないから、人とは違う輝きが放てる。
でもね、パッと出来ることじゃないけれど、誰にでも意志を持って貫くことは出来るんです。もしもあなたが何かをやめなきゃと悩んでいるなら、明らかに見て先に進みましょう。再度一層の努力、尽力を誓って続ける道を選んでもよし、新しいことへの挑戦を始める為にやめる道を選んでもよし、大切なのは意志を持ち貫くこと。難しいけどね(笑)。「やめることを考える」そしてそれを乗り越えたとき、明らかにあなたの魅力は増しています!

文/青木貴子


青木貴子/スタイリスト
ナビゲーター
青木貴子/スタイリスト
ファッション誌、広告などで幅広く活躍する人気スタイリスト。著書『センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式』(PHP研究所)では、役立つおしゃれハウツーを指南。お気に入りレシピと器について綴った料理本『友だちを呼ぶ日のごはん、わたしのごはん』(扶桑社)も人気。ファッションに関するインスタグラム(@takako_aoki_stylist)を開始。ぜひフォローを!
このナビゲーターの記事を見る