脱コンサバ!甘めのモテメイクに合うスカートコーデはコレが正解

メイクマニアな女子たちの多くが抱える悩み、それは自分のメイクと着こなしのバランスが“ちぐはぐ”になりがちなこと。そこで、自身のメイクは活かしたまま、服のテイストをガラッとチェンジして、このアンバランスを徹底的に改造します。

今回は、甘めのスタイルから女っぽいヘルシーなスタイルに変身。それぞれ、メイクも服も素敵なのに、なんだかアンバランスな気が・・・なんて失敗に陥らないよう、バランスよく似合うスタイルを見つけましょう。

甘めモテメイクに甘めのレースワンピースは・・・NG

今回は、美GINGER(美容好きのGINGER読者チーム)のひとり、永瀬さんのケースをピックアップ。

永瀬愛美さん(27歳/事務)

【今日のメイクポイント】
目元、チーク、リップ・・・すべてピンクでまとめたモテメイク。「メイクで大事にしていることは好感度。冒険はしません」

永瀬愛美さん(27歳/事務)

【この日の着こなしは・・・】
ピンクのヒザ丈レースワンピース。「メイク同様、ファッションも好感度重視。ワンピースばかりで、足元は必ずヒールです」

――メイクも服も、甘い要素がたっぷり盛り込まれていると、トゥーマッチな印象になりかねません。

とはいえ、好印象路線はそのまま変えずに、少しカジュアル感をプラスして親しみやすさを出すと、万人モテな抜け感のあるヘルシースタイルに!

甘めメイクとベストマッチなのは・・・寒色系のシャツ&スカート

素材やシルエットで女性らしさを残しつつ、寒色系のコーディネートで甘さをセーブ。脱コンサバな小物使いで、抜け感もばっちり!

グレーやグリーンなど寒色系の色みのスカートならフェミニンすぎずにスカートコーデを楽しめます。抜き襟のシャツにはラフなまとめ髪がおすすめ。そして、華奢なアクセサリーを合わせれば女っぽさをキープできます。

小物はPVC素材を使ったかごバッグで遊びをプラス。トレンド小物を使うことで、コンサバを回避します。色もブラックで大人っぽい印象に。

「カッチリしたシャツは苦手だけど、首周りがゆったりしているから安心して挑戦できました!」

シャツ¥21,000/アッパーハイツ(ゲストリスト) マキシスカート¥22,000/ルーニィ ピアス¥3,889、グリーンバングル¥9,000、ゴールドバングル¥584/アビステ かごバッグ¥16,000/ヴィオラドーロ(ピーチ)フラットパンプス¥24,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

※プライスはすべて税抜です。

撮影/蓮見徹
スタイリング/角田かおる
ヘア&メイク/イワタユイナ

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る