そのモテ服、逆効果では?今求められている女っぽさ、これが正解!

甘い色、可愛げのあるディテール、ボディを意識させるシルエットやカッティング・・・女っぽさを意識したアイテム選びの裏側には、“女っぽい私”をアピールしたい気持ちが隠されています。 でも、その狙いが見え隠れしたコーデは、とってもありきたりで、いわゆる“量産型”になっているかも・・・。あなた自身のオリジナルの魅力、“個性としての女っぽさ”は、どうやったら伝わる? その疑問に、人気スタイリストNIMUさんがアンサー!

今、あえて「メンズライクな服」を着ることの意味

ジャケ ット¥29,000、ワンピース¥18,000、ピアス¥3,800、ブーツ¥16,000/すべてスナイデル

「女性として生きている以上、もうそれだけで十分に、それぞれが自分だけの“女っぽさ”を持っているはず。それなのに、わざわざ“女っぽい”を盛るために、わかりやすい“女っぽい服”を纏(まと)って、本来持っている“女っぽさ”を消してしまっている。それがすごく残念だな、って思っていて」(NIMUさん)

そこでNIMUさんが提案したいのが、「女っぽい服に頼らず、あえてマニッシュな服を着ることで、自分の女性としての個性を際立たせる」こと。

たとえば、数シーズン前からトレンドインしているオーバーサイズのジャケット。ベーシックアイテムなので手を出しやすいから、ぜひ、いつものスタイルに気軽にはおってみて。その凛々しさのなかに、女っぽい鮮やかな存在感が顔を出します。

ロングシャツ¥12,000/オーガニクス スナイデル、パンツ¥12,000、ネックレス¥4,500、バッグ¥12,000、パンプス¥12,500/すべてスナイデル

ロングシャツ+ワイドパンツという、メンズライクなコンビネーション。衿の開き具合や、袖口の処理など、自分が着心地いいと思うバランスで整えてみて。それがきっと、自分の“らしさ”を伝える見え方になるから。

オールインワン¥16,000、ピアス¥3,500、ウエストバッグ¥8,500、ショートブーツ¥13,500/すべてスナイデル

ミリタリー要素を盛り込んだ、リラクシーなオールインワン。余計なものを削ぎ落とした感が、着こなす人の個性を浮き彫りに。

そんなときの小物選びは・・・クラシカルに!

NIMUさん曰く「メンズライクな服のコーディネートには、ちょっとクラシカルな小物が似合う」のだそう。

パールネックレス¥4,500/スナイデル

「メンズっぽいアイテムは、媚びがないデザイン。そこに頑張りすぎた小物を合わせると浮いてしまう。クラシカルな小物なら、その定番感が嫌味なくマッチするからオススメです」(NIMUさん)

ボックスショルダーバッグ¥8,500/スナイデル
メッシュショートブーツ¥12,500[9月上旬発売予定]/スナイデル


ちなみに、メンズライクな服で出掛ける日のヘアメイクは、やりすぎないきちんと感が必要です。メイクで必要以上に“女っぽさ”を足す必要もないけれど、手抜きは禁物。
「ひとつこだわりたいのは、眉。いつもより存在感を出した方が、カッコいい女に仕上がるはず」とポイントを教えてくれました。

自然な色出しと生っぽいツヤ感で、眉に存在感をプラス! トーン アイブロウマスカラ〈左から〉01 ライトブラウン、 02 ダークブラウン、 03 ピンクブラウン各¥2,400/すべてトーン

手に入れたいのは、誰もが装える女っぽさではなく、自分だけが表現できるオリジナルの女らしさ。今、時代が求めているのも、そんな“本物の女らしさ”なのです。

スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
撮影/[モデル]田中雅也(TRON)、[静物]寺山恵子
ヘア&メイク/桑野康成(ilumini)
モデル/桐谷美玲

スナイデル https://snidel.com/ 
トーン https://toonecosmetics.com/

※プライスはすべて税抜です。


GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る