ショートパンツ人気復活!? おしゃれな大人はこうして簡単攻略!

気温の上昇とともに、露出度の高まる夏。ただ、そこに必要以上の色気が垣間見えた途端、あざとい印象に陥ってしまう危険性も…。夏こそ余分な色気で武装するより、女っぷりは引き算して、“素”の自分が引き立つテクニックをマスターしましょう!

この夏は久々に、ショーパン人気が復活中。下半身の露出度が高まるからといって、いやらしく見えるのはNG。とはいえ、子供っぽくなりすぎるのも避けたいところ・・・。
そこで、大人仕様のショーパンコーデを考えました!

ショーパンは大胆に生足が出るぶん、 トップスは体のラインを拾わないビッグシルエットを選ぶのがポイント。足元もノーヒールで、女っぷりを抑えるのがお約束です!
メッシュやリネンを取り入れた脱力コーデは、レザー小物で大人っぽさをキープしましょう。

リボン付きショートパンツ¥5,546、チェーンバッグ¥5,546/ともにザラ(ザラ・ジャパン) メッシュニット¥16,000/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット
ルミネ新宿店) サングラス¥38,500/メガネアンドミー(ハルミ ショールーム) ハット¥36,000/ブルックス ボズウェル(サードマガジン) バッグ¥45,000/ヤングアンドオルセン(フレームワークルミネ新宿店) サンダル¥16,000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)

Wジャケットやゆるシャツを投入して、〝おじさん〟要素をプラスするのも有効なテクニック。女らしさのトッピングは脚の露出だけに任せて、ほかはすべてメンズライクに仕上げるのがちょうどいいバランスです。

ハイウエストチェック柄ショートパンツ¥15,800/メゾン スペシャル ジャケット¥81,000/バレーナ・ヴェネツィア(アルアバイル) シャツ¥20,000/ア ピューピル(デミルクスビームス 新宿) バッグ¥9,800/ビアンキーニ(ル タロン プリュ有楽町マルイ店) スニーカー¥7,398/ザラ(ザラ・ジャパン)

ヴィヴィッドな色のチカラを借りれば、ショーパンコーデをより今年っぽくフレッシュに見せることができます。鮮やかなグリーンでコントラストを効かせ、露出度高めなミニボトムスを爽やかに着こなしましょう。
色に存在感があれば、複雑なレイヤードをしなくても十分、印象的になるのです。

ショートパンツ¥6,990/スライ、リネンブラウス¥22,000/リムアーク(ともにバロックジャパンリミテッド) スカーフ¥24,000/マンテロ(エッセンス オブ アナイ) バッグ¥26,000/マロウ(シック) サンダル¥16,000/アグ® (デッカーズジャパン)

少年の夏休みを思わせるような、イージーなアイテムコンビで甘さをセーブしたコーディネートがこちら。ゆったり着られるカットソーに、テロッとした素材のショーパン合わせで、リラックスムード全開に着こなしてみましょう。
柄シャツを肩掛けや腰巻きにすれば、脱・地味にもひと役!

ショートパンツ¥17,000/ア モーメント(フレームワーク ルミネ新宿店) カットソー¥14,000/アンスクリア(アマン) ゾウ柄シャツ¥5,546/ザラ(ザラ・ジャパン) バッグ¥22,000/フォックスレーンコレクティヴ、サンダル¥11,000/ソル サナ(ともにジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

今シーズンは、大人でも気負わずはけるショーパンが続々登場。取り入れ方を工夫すれば、ヘルシーな色っぽさが手に入ります!

撮影/西原秀岳(TENT)
スタイリング/竹岡千恵

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る