インフルエンサーは知っている!「白シャツ」のおしゃれな最新着こなし法

2020年はリアルとデジタル、両方の形式で開催されたストックホルム&コペンハーゲンのファッションウィーク。久しぶりに渾身のおしゃれをしたファッショニスタたちが、ストリートに帰ってきました! そこで目に付いたアイテムは、意外にも王道の白シャツ。北欧ファッションといえばカラフルな印象もあるだけに、シンプルでクリーンな白シャツの着こなしはなんだか新鮮。


今回はほどよく女らしく、ちょっとモードな、北欧インフルエンサーの個性あふれる白シャツコーデをご紹介します!

オーバーサイズシャツをスポーティに

カラーブロックコーデを得意とし、スタイリストとしても活躍するコペンハーゲンのイットガール、エミリ。

袖をまくって、ラフな雰囲気に着こなしたオーバーサイズシャツから、目立つイエローショーツをチラ見せして、スポーティなカジュアル感をプラス。メタリックブルーの厚底サンダルとグリーンのペディキュアでカラーMIXして、さり気なく自分らしさをアピールしています。

クロスボディにしたシャネルのバッグで差し柄しながら、クラシカルなベレー帽がアクセントとして効いていますね。

クロップドシャツでトレンドを意識

Instagramでは100万を超えるフォロワーを持つデンマークの人気モデル、マチルド。

デザイナーズ・リミックスのショーに出席した彼女は、シンプルなモノトーンコーデを披露。旬なクロップド丈で腰高効果を発揮する白シャツは、ファッションブランドをローンチ予定の友人が作ってくれたものなのだとか。

来季トレンドとして注目されるレザーショーツにはすっきりとしたロングブーツを合わせて、シャープさを。ゴールドチェーンが煌めくボッテガ・ヴェネタのバッグで華やかさを添えています。

ロングヘムシャツでモードに

北欧セレブを夢中にさせる大人気ブランド、ガニーのショーへ向かう、ノルウェーのファッションブロガー、ティーネ。

バックの裾が長く、着るだけでドラマティックな白シャツは、シルクの柔らかな素材感が女らしさのポイント。マニッシュなワイドパンツにフロントだけインして、洗練されたALLホワイトコーデに仕上げています。

辛口なサングラスでスタイリッシュなエッセンスをON。ちょこんと持ったイエローのミニバッグがALLホワイトに映えて、フェミニンさが一気にアップしますね。

シンプルシャツで大人カジュアル

サステナビリティを推進するため、デジタル形式で開催されたストックホルムファッションウィーク。

地元出身のファッションブロガー、フェリシアはオーソドックスな定番の白シャツの袖をまくって、カジュアルなホワイトパンツにイン。この夏、ファッショニスタの間で大流行したシャネルのコンフォートサンダルを合わせて、ALLホワイトのシンプルルックに今年らしいアクセントをつけています。

キャットアイサングラスをスパイスにしつつ、コロンとしたフォルムのバッグで、大人可愛くフィニッシュ。

ビッグシャツでエフォートレスに

シックかつリラックスした着こなしに定評のある、ストックホルムのファッションインフルエンサーのフィリパ。

ビッグシルエットで存在感を出すシンプルなボーイフレンドシャツを、パジャマパンツにインして、エフォートレスなムード漂うルイ・ヴィトンのモノグラム柄を引き立てています。

ゆったりとした着こなしをリュクスに盛り上げる小物使いにも注目! 白で揃えたエルメスのぺたんこサンダルと、ビッグサイズでも軽やかなセリーヌのストロートートの気負いなさが、センス抜群ですね。


クリーンなイメージと合わせやすさは間違いなしの「白シャツ」。アレンジのしやすさがインフルエンサーのおしゃれ魂に火を付けるのかもしれませんね!
トレンドに左右されない永遠の定番だけに、一枚あると長く使えて、まだ何が流行るかわからないシーズン始めにも活躍してくれそうです。

文/江口暁子

江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る