ベストドレッサーは誰?セレブ大集結のウィンブルドン観戦SNAP!

約2週間にわたり、熱戦が繰り広げられたウィンブルドン選手権。今年は女子シングルス決勝戦をキャサリン妃と妹ピッパさん、メーガン妃が一緒に観戦されたことなどが話題になりましたが、毎年のことながら応援に訪れる有名人のファッションも注目の的。

ドレスコードがあるのは王室はじめ、限られたメンバーが座れるロイヤルボックスだけですが、歴史と格式のある大会だけに、いつもよりきれいめな印象のセレブたち。夏らしい、爽やかなおしゃれルックは必見です!

ポピー・デルヴィーニュ

Licensed by Getty Images

ウィンブルドン観戦の常連ともいえる英国人モデル、ポピー。

今年は大会7日めに、長いボウタイが揺れるエレガントなマキシシルクワンピ姿で登場。全面にちりばめられた細かな柄はポニーが描かれているという、上品でユニーク一着はポロ ラルフローレン。ブランドの新アイコンバッグ「ザ ラルフローレン コレクション RLフィフティ」のミニサイズを引き締め役にして、大人っぽくまとめています。

ちなみに男子シングルス決勝戦も、夫婦で仲よく観戦していたそう。

フェリシティ・ジョーンズ

Licensed by Getty Images

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたこともある英国人女優フェリシティも、大会7日めを旦那さまと観戦。

ベーシックな白シャツをトレンドのワイドパンツにインした、とびきりクリーンなALLホワイトコーデはどちらもポロ ラルフローレン。ちょこんと持ったロクサンダのボックスバッグがアクセントとして効いていますね。

さらにモードなサングラスもさり気ないスパイスに。こちらはメーガン妃も愛用するロンドン発ブランド、フィンレーのもの。

クレア・フォイ

Licensed by Getty Images

大会10日め、ロイヤルボックスに姿を現したのは、NETFLIXのドラマ『ザ・クラウン』で女王役を演じていたイギリス人女優クレア。

白地に花柄が映えるフェミニンなワンピは、オーストラリアブランドのジマーマン。ウエストマークと襟付きできちんと感がありながら、アメリカンスリーブの肌見せデザインが抜け感を演出しています。

夏気分をアップするのは、ルワンダの女性職人たちが編み上げているというセスタ・コレクティブのバスケットバッグ。

スキ・ウォーターハウス

Licensed by Getty Images

同じ日にエフォートレスなホワイトワンピで、サマーシックなスタイルを披露した英国人モデル兼女優のスキ。

ロマンティックなムード漂うホワイトレースとシルククレープ地のレイヤードを、アシンメトリーなミディ丈でモダンに見せるドレスはステラ・マッカートニー。

ブランドのアイコン「ファラベラ」のミニバッグはメッシュのミュールと相性のいいハニー色をチョイス。オリバー・ピープルズのサングラスもカラーリンクさせて、女らしく優しい印象をキープしています。

ピッパ・ミドルトン

Licensed by Getty Images

キャサリン妃同様、テニスファンとして知られ、今年は4度ほど観戦されたピッパさん。

大会11日めは旦那さまと手をつないで、サマーモードなワンピ姿でお目見え。風が吹くたびに大変そうだった!?ラップドレスは北欧発の大人気ブランド、ガニー。甘めな花柄をセレブ御用達ザンザンのサングラスで辛口に仕上げています。

花があしらわれたビーズバッグはアンソロポロジー、白で揃えたサンダルはハッシュ・パピーと、リアルプライスな小物選びもなんだか親近感ですね!

ケンダル・ジェンナー

Licensed by Getty Images

大会最終日、男子シングルス決勝戦にイケメンモデルとリンクコーデで登場したアメリカ人スーパーモデル、ケンダル。

トラッドなボタンダウンシャツに、スポーティなショートパンツという古きよきアメリカンカジュアルは、ポロ ラルフローレンのもので、水色×白の配色が好感度抜群!

プラダのナイロンチェーンバッグとアディダス・オリジナルズの「コンティネンタル」スニーカーは白でヘルシーに、姉のキム・カーダシアンがキャロリーナ・レムケとコラボしたサングラスでモードにフィニッシュ。


モードな辛口コーデが得意なケンダルも、クラシカルなアメカジで爽やかに登場するなど、いつもとは違う着こなしを見せてくれるのがテニス4大大会の最高峰ウィンブルドンならでは。さて、一番おしゃれだったのはどのセレブ?

文/江口暁子