倉科カナさんが目指す、「ピンヒールで足元から薫る女性像」

「この秋冬、注目している靴は?」

最近は「流行だし、ラクだから」という理由でスニーカーを愛用していた倉科さん。でもこの秋冬は、足元をレディに仕上げ、ピンヒールで女っぷりを上げようと画策中だとか。倉科さんの目指す女性像とともに、今季注目のスタイルを紹介します!

20代は常に戦闘モードでした(笑)

倉科さんが20代で訪れた、NYでの旅の記憶――。

「ワードローブはピンヒールと緊急時のローヒールのみで、スニーカーはなし。さらに現地のイヴ・サンローランで、華奢なアンクルストラップに鋭いポインテッドトウの11cmピンヒールを購入し、意気揚々と街を闊歩(かっぽ)していました」

女性としてキレイでいること。その努力を惜しまないこと。このところ、そんなエレガンスの種を自分に蒔くことをさぼっていたのでは・・・と自戒しているのだそう。

「とはいえ、体幹がないと歩きこなせないのがヒール靴。心身が鍛えられ、女子力・筋力ともにアップする、まさに修業アイテムでもあるんですよね(笑)」

トレンチコート¥69,000/バッカ、フリルシャツ¥26,000/トゥモローランド コレクション、パンツ¥17,000/マカフィー(すべてトゥモローランド) ベルト¥16,000/アンボワーズ(ユナイテッドアローズ 銀座店) 右耳ピアス、左耳ピアス各¥10,000/トーカティブ

ブラックレザーにPVC素材のカットワーク。ほんのり透ける素肌が女らしさを薫らせます。

パンプス¥105,000/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

目指すのは“薫る女”

さらに20 代とは違う、30 代の余裕を持って、遊び心あるスタイリングを楽しみたいという野望もあるそうで。

「自分に厳しく優しく水をあげ、花を咲かせ、素敵なフレグランスを薫らせたい。『この薫り、どこから?』 周囲がそう感じたならこっちのもの。攻めているのは足元でも、それが表情に出て、所作が変わり、心意気まで進化するピンヒール。これこそが今の私に必要な、魔法の靴だと思うのです」

スウェット¥27,000/シー ニューヨーク(ブランドニュース) パンツ¥18,000/ボールジィ(トゥモローランド) ニット帽¥8,000/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

30代らしい余裕と遊び心を感じさせる、赤のストラップヒール×起毛ソックスの組み合わせ。

アンクルストラップサンダル¥95,000/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロ
ッシ ジャパン) ソックス¥2,500/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

倉科さん主演映画がまもなく公開!

©2018映画「あいあい傘」製作委員会

生き別れてしまった父と娘。そんなふたりが25年ぶりにめぐり逢う5日間のストーリー。映画『あいあい傘』では、父に対する揺れる想いを抱えた娘・高島さつきを倉科カナさんが演じます。

大人が号泣してしまうこの感動作は、10/26(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー!

映画『あいあい傘』
【出演】倉科カナ、市原隼人、立川談春、原田知世
【監督・脚本】宅間孝行
【主題歌】竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)

倉科カナProfile
1987年12月23日生まれ、熊本県出身。2006年、リクルート『ゼクシィ』のCMで注目を集める。’ 09年、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロイン役に抜擢。

撮影/土山大輔(TRON)
スタイリング/岩渕真希 
ヘア&メイク/宮本愛
インタビュー/本庄真穂 


GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る