高見えとおしゃれ感を同時に叶える!〇〇素材のアイテムを手に入れて

ひと昔前に流行っていた平成の懐かしいトレンドが、形を変えて今シーズン再浮上! でも、以前のまんま着ていても、ただ古くさく見えるだけ。ちゃんとコーディネートをアップデートさせて取り入れることが大切です。
今回はかつて一斉を風靡(ふうび)した、ある素材に注目。いつも身につけているアイテムの質感をちょっと変えてみるだけで、圧倒的なおしゃれ感が手に入るのです。

アウターの光沢感で上品&リラクシング

’90年代に流行った素材と言えば、ベルベット。日焼けした肌に光沢のあるアウターやパンツを纏(まと)うスタイルが、当時は流行最前線でした。
時代が巡った今、またベルベットを着るなら深みのあるカラーが断然おすすめ。悪目立ちすることなく、いつもの服にさり気なくリッチ感が加わって、旬のスタイルに仕上がります。

たとえ1アイテムでも、着飾っているような特別感を演出してくれるベルベット特有のツヤは、力まず取り入れてこそ今っぽい! カジュアルなゆるデニムなど、気取らない服と合わせて脱力ムードに着こなすのが正解です。

ベルト付きベロアガウン¥14,000/アングリッド タートルニット¥24,000/リト(ミッドウエスト) デニムパンツ¥8,800/ミラ オーウェン イヤリング
¥2,398/ザラ(ザラ・ジャパン) バッグ¥9,900/バナナ・リパブリック

ベルベット素材のアイテムは、ほかにも今季たくさんリリースされています。
定番の黒ジャケットだって洒落たムードに!

ジャケット¥11,102/ザラ(ザラ・ジャパン) 

甘くなりがちなプリーツスカートも、素材特有の光沢感で高見え! フェミニンというより、どこかモードな雰囲気が漂います。

スカート¥11,000/ココディール

ベルベットの波は足元にも到来。「ボルドーカラーの靴」と聞くと、勇気の要る奇抜なルックスを想像しがちですが、ベルベット素材なら色が暗く落ちるので、意外とコーデにもなじみやすく履きやすいのです。

ミュール¥16,000/バナナ・リパブリック


このように、見慣れたアイテムでも素材をベルベットにシフトするだけで、コーデ全体が新鮮に見えるのです。2019年は、一周回って新しいベルベットのアイテムに注目です!

撮影/[モデル]西崎博哉(MOUSTACHE)、[静物]石澤義人
スタイリング/豊島優子
ヘア&メイク/陶山恵実(ROI)
モデル/香里奈

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る