迷ったらコレを選んで! いつものアイテムを今っぽく見せるには?

知っているようで知らないファッション用語の意味を紐解きつつ、今手に入れたい関連アイテムをご紹介する連載「スタイリスト平田雅子と読み解くFASHION DICTIONARY」。 素材やデザインの特徴、ブランドの歴史、トレンドの流れ・・・一着の服に隠されたさまざまなバックグラウンドを知ることで、おしゃれはもっと楽しく、味わい深くなるはず。 平田さんのナビゲートのもと、今までよりもう一歩踏み込んで、ファッションについて学んでみませんか? 今回取り上げるキーワードは「サテン」です。(編集部)

サテンとは?

つややかな光沢があり、ドレッシーなアイテムに欠かせない生地、サテン。朱子織りという、たてかよこ、どちらかの糸が表面に多く出る織り方で織られた生地のことをいいます。たて糸とよこ糸の交わる点が少ないため、滑らかな手触りになるのです。

今年はこのサテンが、フェミニンなブラウスやスカートだけでなく、意外性のあるアイテムにも使われているのが新しいところ!

シャツやハット、ウエストバッグなど、カジュアルなアイテムにつややかなサテンを掛け合わせることで、上品さがアップ。コーディネートに今っぽい“キレ”が生まれるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

こちらはサテン生地に華やかなラッフル襟、ボリューミィな袖など、魅力がギュッと詰まったブラウス。この秋はレディライクなスタイルも気分なので、こういったアイテムを1着は持っておきたいところ! ボトムはカジュアルなアイテムで外して着るのも◎。

ブラウス¥39,000/オープニングセレモニー

ミリタリー調のアイテムも、今季復活したトレンドのひとつ。コットンなどの定番素材に飽きた人はぜひサテンで取り入れてみて。ツヤを足すことで、ぐっと新鮮に!

ミリタリーシャツ¥65,000/マーク ジェイコブス(マーク ジェイコブス カスタマーセンター)

ラフな雰囲気のなかにきちんと感も持ち合わせたこちらのパンツ。センタープレスとワイドすぎないシルエットが絶妙です。落ち着いたトーンなので、柄物でもコーディネートしやすいはず。
夏はさらりと白Tを合わせてカジュアルに。明るめのカーキとも好相性です。

柄パンツ¥29,000/ノーマ ティー ディー(ビームス ウィメン 原宿)

サテンといえばパジャマでおなじみという人も多いのでは? こちらはアメリカのNew York Magazineとマーク ジェイコブスのコラボアイテム。贅沢なパジャマとしてはもちろん、単品で普段使いにもぜひ! シャツのインに黒いタートルネックを合わせ、ボトムスはコンパクトまとめるなど、ミニマルにコーディネートするとうまくいきますよ。

パジャマシャツ¥57,000、パジャマパンツ¥57,000/ともにマーク ジェイコブス(マーク ジェイコブス カスタマーセンター)

カジュアルなハットにサテンという組み合わせが、まさに今年らしいユニークなバランス。これからの時季はフェスやアウトドアの暑さ対策として・・・秋以降もオールシーズンに活躍するはず。

バケットハット¥7,000/オープニングセレモニー

ころんとした小さいサイズ感に、淡いレモンイエローが爽やか。サテンのツヤがコーディネートのワンポイントになるので、カジュアルなスタイルにはもちろん、ドレスアップにも使えそう! ストラップも取り外しできるので、シーンに合わせて活躍させて。

バケットバッグ¥8,000/オープニングセレモニー

《問い合わせ先》
オープニングセレモニー TEL: 03・5466・6350
ビームス ウィメン 原宿 TEL: 03・5413・6415
マーク ジェイコブス カスタマーセンター TEL: 03・4335・1711

※プライスはすべて税抜です。

撮影/植一浩

平田雅子 / スタイリスト
ナビゲーター
平田雅子 / スタイリスト
スタイリスト宮澤敬子氏に師事後、2018年に独立。モードやストリートカジュアルをリアルに落とし込んだMIXスタイルが得意。ファッション誌やCM・広告などを舞台に幅広く活躍中。
このナビゲーターの記事を見る