夏ラストに買い足すなら、秋も使える優秀着回し服「ジャンスカ」が正解!

たくさんの服を持っていたって、それを着こなす力がなかったら宝の持ち腐れ。今私たちが目指すべきは、ひとつのアイテムを最大限に活用する、“服と密な関係が築けるおしゃれ”。そんな理想を現実にする、この夏のおすすめアイテムを公開します。


今回ご紹介するのは、コーデにほどよいインパクトをもたらすレオパード柄のジャンパースカート!

大人が買うべき服→ドッキングジャンパースカート

実はこのジャンパースカートは、ビスチェとスカートにセパレートできる技ありデザイン。着回し度はかなり高め!

レオパード2WAYジャンパースカート¥7,990/スライ(バロックジャパンリミテッド)

こう着る!その1:Tシャツ合わせで真夏スタイル

プリント柄Tシャツのようなアクが強いアイテム同士で組ませるのも、夏コーデならではの遊びゴコロ。落ち着いた色で揃えれば、まとまり感が出ます。

プリントTシャツ¥11,000/リサ キング(アダム エ ロペ) バケットハット¥6,800/リッジウッドキャップス、バッグ¥36,000/スタジオアメリア(ともにフレームワーク ルミネ新宿店) ローファー¥48,000/ネブローニ(メゾン イエナ)

こう着る!その2:ワントーンでまとめて好印象に

誰にでも似合う、人気のベージュ×ブラウンの大人配色。レオパード柄も大人っぽく、落ちついた雰囲気に。

リネンジャケット¥28,000/ピルグリム サーフ+サプライ タンクトップ¥7,500/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) サングラス¥19,000/エーディーエスアール、バッグ¥29,000/マロウ(ともにシック) パンプス¥14,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

こう着る!その3:インにニットを重ねて柔らかさを演出

インパクトの強いレオパード柄は、インにニュアンスカラーのニットを重ねれば、落ち着いた印象にシフト。デートもOKなおしゃれ感に。

リブニットセットアップ¥13,000/ミラ オーウェン リネンジャケット¥28,000/ピルグリム サーフ+サプライ バッグ¥26,000/サン アルシデ(ロペ マドモアゼル) ローファー¥49,000/ブレンタ×エッフェビームス(ビームス ハウス 丸の内)

こう着る!その4:あえて、冒険コーデを楽しむ

お目立ち色とのコンビで、さらなるインパクトは十分。ちょっと攻めたい日におすすめ! 小物はベーシックカラーで統一してみましょう。

カーディガン¥29,000/オーラリー(エストネーション) ピアス¥9,600/マム(エイチエムエスウォッチストア 表参道) バッグ¥29, 000/マロウ(シック) サンダル¥18,000/ロペ マドモアゼル

こう着る!その5:ボーイズライクな小物で、カジュアルモード

ブラウン系のワントーンでまとめて。ボーイズライクな小物でカジュアル感を足して、週末のアクティブなスタイルに。

タンクトップ¥7,500/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) バケットハット¥6,800/リッジウッドキャップス(フレームワーク ルミネ新宿店) タンクトップ¥7,500/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 渋谷店) ネックレス¥20,000/サンタンジェロ(ジャーナル スタンダード 表参道) バッグ¥15,000/マロウ(シック) スニーカー¥77,000/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京)

難易度高めに思えるレオパード柄を、カジュアル見えなジャンパースカートで取り入れてみる。いつもコーデに1点だけ冒険アイテムを投入することで、着こなしは簡単にアップデートできます。残りわすがな夏、おしゃれも積極的に攻めていきましょう!

撮影/[モデル]渡辺謙太郎(MOUSTACHE)、[静物]坂田幸一
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/谷川りさこ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る