徹底した試着で脱・普通! 着るだけで即とびきりおしゃれに見えるニットのセレクト基準とは?

シンプルなアイテムを身に着けていても、そのシルエットがおしゃれにキマるのがパリジェンヌ。それぞれが自分の体形を熟知し、吟味を重ねて購入したお気に入りのアイテムを華やかに魅せるアレンジ力は圧巻! 今回は、そのパリジェンヌ流のニットのセレクト基準をご紹介します。1枚のニットにも実はこんなにたくさんのチェックポイントがあるんです!

 (イラストと文章は『1/3の服で3倍着回す パリのおしゃれ術』より転載)

シンプル・プルオーバー1枚だけでとびきりおしゃれに

旅行でパリを訪れていたときから驚きを隠せなかったのが、ニット1枚でとびきりおしゃれなパリジェンヌの多いこと! ただ着ているだけなのになぜ? の疑問は住んでみて解決しました。伸縮性のあるニットは着てみないと本当の「姿」がわからない。徹底した試着の習慣が、おしゃれ度をUPさせていたのです。

近ごろは少しゆるめの「プルオーバー」が彼女たちの新お気に入り。ゆとりあるシルエットでも、ボディとプルオーバーとの密着するところ、離れるところを見ます。
自分の上半身の形に最適なものを手に入れれば、着るだけで即とびきりおしゃれ、コーデの時短アイテムとなるのだから、選別にはより真剣味が増すのですね。

文/米澤よう子

米澤よう子
ナビゲーター
米澤よう子
東京生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務した後、1993年にイラストレーターとして独立。大手企業の商品パッケージや広告ビジュアル、女性誌や書籍、WEBのイラストなど多媒体で活躍。2004年から2008年の間、拠点をパリに移して日仏で作品を発表。特にパリの高級百貨店、ボン・マルシェでの個展は高い評価を得た。帰国後、独自の目線で「パリジェンヌのおしゃれ術」を解説したイラストエッセイを多数刊行し、幅広い層から支持を集める。近著に『パリ流おしゃれアレンジ! 1~2』『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』『パリジェンヌ流おしゃれライフ』など。
このナビゲーターの記事を見る