この冬、絶対”買い!”なロング丈コート スタイリスト城長さくらの「今週はこれでエネチャージ♡」

この冬のコートのトレンドは、断然ロング丈。ざっくり羽織るとそれだけでカッコよく決まるので、1着あればヘビロテ確実です。ただひと口にロング丈といっても、そのデザインはさまざま。ほかのアイテムに比べて値が張るぶん、自分に似合うものをじっくり選びたいものですよね。今回は、シンプルなものから個性的なものまで、私が厳選したロング丈コート4着をご紹介します。

素材のよさを引き立てる、シンプルなチェスターコート

今年らしいクラシカルなダブルボタンのチェスターコート。シンプルなデザインだからこそ、シルエットの美しさやピンクベージュのニュアンス、襟の丁寧なステッチなど、ディテールの魅力が引き立ちます。生地に適度なハリがあるので、ローゲージのゆるっとしたニットなどを合わせても、上品にコーデを格上げ。ポケットの位置が少し高めに設定されていて、ロング丈でもスタイルアップが叶うという、その細かな配慮にも脱帽!

チェスターコート¥37,000/ステュディオス(ステュディオス ウィメンズ 新宿店)
TEL: 03・5925・8966
公式サイト: http://www.studious-onlinestore.com/


女ゴコロを掴むディテール満載のチェスターコート

普通のチェスターコートは1着持っているし、という人におすすめしたいのがこちらのコート。丸みのあるショールカラーや、さりげなくベル状に広がった袖口など、大人の可愛さを引き出すディテールが満載です。とはいえシルエットはかなり大きめなので、だぼっと着ればフェミニンに寄りすぎることなく、エッジを効かせた着こなしも可能。そのバランス感が絶妙です。

チェスターコート¥119,000/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション)
TEL: 03・5464・9975
公式サイト: http://www.showroom-session.co.jp/


ファーポケットで一点豪華主義!なガウン風コート

ほっこりしがちなガウン風コートは、上質なファーをたっぷりとあしらってクラスアップした1枚を。肩肘張らない、大人の遊び心を感じさせます。生地のネイビーよりも少し明るめな、ファーの色合いもツボ。
インナーにはシャツやブラウス、すっきりとしたハイゲージニットなど、きれいめのアイテムを合わせて、ドロップショルダーのゆるっとしたデザインとバランスを取って。

ファーポケットコート(共布ベルト付き)¥190,000/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
TEL: 0120・137・007
公式サイト: https://www.barneys.co.jp/


意外性のあるカシミア×トレンチコート

人とかぶらない、個性的なロング丈コートをお探しの方にはこちら。柔らかなカシミア100%素材、しかも裏地のない一枚仕立てで、トレンチ風のディテールがあしらわれているという個性的な逸品です。アンティーク調の金ボタンやエポレット(肩章)など、王道トレンチの要素がきちんと再現されているところに、こだわりが感じられます。

ベージュカシミアコート¥280,000/エルマフロディット(アナディス) 
TEL: 03・5456・0567
公式サイト: https://www.dunadix.jp/


ちなみに、ロング丈コートを着るときに、とくに重要なのはバッグと靴。コートはほぼ全身を覆うため、バッグを持つ手元やちらりと覗く足元が、印象を左右するんです。ごつめのブーツやカラーパンプス、スニーカーなどインパクトのあるアイテムと合わせて、この冬はロング丈コートを存分に着倒してくださいね。


※価格はすべて税抜きです


スタイリング/城長さくら(kind)
撮影/植一浩


城長さくら/スタイリスト
ナビゲーター
城長さくら/スタイリスト
望月律子氏に師事後、2016年に独立。ベーシックな服を今っぽく、上品に見せるスタイリングが得意。アラサー世代ならではの等身大の感性で、『GINGER』ほかさまざまな女性誌で活躍中!
このナビゲーターの記事を見る