夏の「着痩せ」はシルエットがカギ。この“詐欺”テクニックを使いこなす!

服が軽く薄手になり、肌の露出面積が増える季節はいかにすっきり着痩せして見せるかが最重要! 一筋縄ではいかないアラサー女子のからだの悩みを網羅した、おしゃれも細見えも両立する着こなしテクをお教えします。


この記事では、計算したシルエットづくりでスタイルよく見せるテクを解説します!

シルエットで着痩せを叶える!

スタイルアップに必要なのは全身のバランス。コーディネート全体のシルエットを意識して気になる部分をカバーしていきましょう!

1:ウエスト位置を高く見せる3つの“首”見せ

コンパクトなノースリーブで上半身はすっきりまとめつつ、裾に向かって細くなるパンツで足首を強調。細見えの三原則、首、手首、足首見せで華奢さをアピールして。

ノースリカットソー¥9,000/ソブ(フィルム) パンツ¥39,700/ハイムクンフト(モクオン) ピアス¥6,200/エルク(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ベルト¥9,000/フォート(ハルミ ショールーム) バッグ[別注]¥25,000/ミカ デラ ヴァッレ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


2:ゆるトップスとほっそりパンツで上重心にしてバランスアップ

細さを引き立たせてくれるゆるっとシャツ。前後差がある裾によって気になる腰まわりやヒップを隠してくれるのもうれしいポイント。パンツもなじませ色のベージュを選んで、縦に伸びるラインを強調して。

トップス¥24,000/アダワス(ショールーム セッション) パンツ¥21,000/アルアバイル、サンダル/ネブローニ(ともにアルアバイル) バングル¥5,940/アビステ ショルダーバッグ¥65,000/メゾンレクシア

3:気になるお腹や太ももをカバーしてくれるAラインワンピ

テクいらずで着るだけで細見えするAラインワンピ。ボディラインを拾わない身幅の広いボクシーフォルムが、上半身のあらゆる難をカバー。さらに前後差があるヘムデザインが脚をシャープに見せてくれます。

ワンピース¥16,000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) キャップ¥12,000/キジマ タカユキ バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) ローファー¥26,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 大阪 ルクア イーレ店)


シルエットを意識すれば、すっきり見えも思いのまま! ぜひ参考にして、夏コーデをアップデートして!


撮影/川原崎宣喜
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
スタイリング/坂野陽子(f-me)
モデル/谷川りさこ、加納奈々美   

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る