二の腕、いかり肩・・・上半身のコンプレックスをカバーする優秀トップス!

身長や顔つき、肌の色にいたるまで、人それぞれ違うのは当然。ないものねだりをすればキリがないけれど、 あきらめなきゃいけない服なんてないのです。大事なのは、自身の特性を踏まえたうえで、“似合うように”着こなしテクを磨くこと! 今回は、上半身のコンプレックスにフィーチャーしたファッションを考えてみましょう。

二の腕カバーに効く! ワザありトップス

本格的な猛暑の到来。ノースリーブトップスが活躍する季節ですが、袖がないと二の腕が気になってしまう・・・という人も多いのではないでしょうか?
そんな方におすすめしたいのが、袖口がV字になったスリットスリーブ!


二の腕のもっとも気になる部分が、両サイド覆われているので着やせ効果も絶大です。

シルクブラウス¥13,000/スピック&スパン、パンプス¥43,000/ネブローニ(ともにスピック&スパン ルミネ有楽町店) パンツ¥17,000/エリオポール(エリオポール代官山) 手に持ったカーディガン¥24,000/セオリー 手に持ったサングラス¥35,000/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)ピアス¥7,200、バングル¥21,700/ともにガス ビジュー(ガス ビジュー 青山)バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)

いかり肩でも着やすいオフショルダー

つづいて、今年もトレンドのオフショルダートップス。一枚で女性らしい華やかさが手に入るトレンド服ですが、肩が張っている人にとっては、少々ゴツく見えてしまう心配も・・・。そこでおすすめなのが、部分的に肩を覗かせたオープンショルダー。
さらに素材は、ハリ感があるより、柔らかなふんわり袖のほうがカバー力は高め。袖が広がっていたり、フリルがついていれば一層、対比で肩が華奢に見えますよ。

オープンショルダーブラウス¥11,000/カージュ(シップス 渋谷店) デニムパンツ¥11,990/スライ(バロックジャパンリミテッド) ベルト¥2,300/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) ピアス¥7,000/ケイト・スペード ニューヨーク(ケイト・スペード ジャパン)

ショルダーストラップは、キャミソールのようなヒモ状になった細いものより、このくらい太めなほうが、いかり肩のカバーには効果的。できるだけ露出面積を抑えて肩の張りをカバーしましょう。

オープンショルダーブラウス¥39,000/サヤカ デイヴィス、イヤリング¥23,000/アデル ビジュー(ともにシップス 渋谷店)スカート¥13,000/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店)

さらにモノトーンなら、見た目の印象も引き締まります。今季トレンドのギンガムチェックもおすすめ!

オープンショルダーブラウス¥16,000/マイストラーダ パンツ¥12,000/バ
ンヤードストーム(エレメントルールカスタマーサービス) ハット¥28,000/
シャー(スタニングルアー 青山店) ピアス¥9,000/ケイト・スペード ニュー
ヨーク(ケイト・スペード ジャパン) 

大胸さんでもサマになるTシャツ選び

そして最後は、Tシャツ選び。若干の余裕を残して着たほうがキマりやすいので、胸が大きい人は地厚なゆるTをサラッと着こなすのが正解です。
顔周りに抜け感がなく、首の詰まったTシャツは、余計に胸元の張りを強調してしまう恐れもあるので、開きの広いネックラインですっきりと見せましょう。

VネックTシャツ¥2, 750/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) チェックパンツ¥18,000/シティ(シティ ニュウマン新宿店) ピアス¥20,000/ザ ダラス(シック)

身幅も袖もゆったりで、ヘビーオンスのメンズライクなTシャツなら、体のラインを拾わず安心。首に巻き物をすることで、目立つ胸元から視線を逸らすのも有効なテクニックです。

Tシャツ¥3,700/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) ベルト付きパンツ¥15,000/セブンアイディーコンセプト スカーフ¥16,000/マッキント
ッシュ(マッキントッシュ 青山店) 時計¥16,000/オリビア・バートン(エイ
チエムエスウォッチストア 表参道)

Tシャツのバリエーションが広がった今、Tシャツにもタックの入ったデザインも登場。これなら大きめバストでも悪目立ちせず、トップスINしても無造作感をキープできます。

タック入りTシャツ¥3,990/プラステ ニットスカート¥30,000/アクアスキュータム ホワイトレーベル(レナウン プレスポート)

ちょっとした選びの工夫と進化系トップスの活用で、コンプレックスはいくらでも克服できます。体型を活かしたアイテムセレクトや、気こなしワザを磨いていけば、薄着の夏もおしゃれがもっと楽しくなりますよ!

撮影/来家裕介(aosora)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/谷川りさこ、丸山リサ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る