ワイドパンツで“黄金バランス”を作る!大人の最旬リラックスコーデ

マニッシュでエフォートレスな雰囲気が今っぽい「ゆるパン」は、近年レッドカーペットでも見かけるようになった海外セレブのお気に入りアイテム。ゆとりのあるシルエットがラクで、風通しよく、夏のデイリーボトムスとしても大人気! 今年もおしゃれ有名人たちがこぞって愛用しているようです。


タンクトップや白Tなど、シンプルなミニマルトップスを合わせるだけで、カジュアル上手に見えるうえに、コンパクトトップス×ボリュームボトムスの黄金バランスで、簡単にスタイルアップ!

シエナ・ミラー

ベテランおしゃれアイコン、イギリス人女優シエナが、ごくシンプルなリブタンクに合わせたのは、スペイン発ファストブランド、マンゴーのワイドパンツ

ボリュームたっぷりなシルエットも淡いベージュで軽やかに、太いベルトでしっかりとウエストマーク。裾からチラリと覗く、グッチのロゴが散りばめられたテニススニーカーをさり気ないアクセントにしています。

プロエンザ・スクーラーのバケツバッグでモード感を添えながら、マスク代わりにした柄スカーフがインパクト抜群ですね!

ケイティ・ホームズ

リラックス感あふれる何気ない着こなしで、NYストリートスタイルをリードするアメリカ人女優ケイティ。

レトロなムードが漂うワイドデニムは、セレブに大人気のLA発サステナブルブランド、リフォメーションのもの。袖丈が絶妙なおしゃれ白Tをインしてメリハリを強調、コモン・プロジェクトのホワイトスニーカーを合わせて、アメリカンカジュアルの王道配色にまとめています。

シャープなプラダのキャットアイサングラスとキュートな柄マスクのミスマッチが、今どきなアクセ代わりに。

この夏、特にワイドパンツの登場率が高いケイティ。

涼しげなリネンのワイドパンツには、さらりとプレーンな白Tをフロントだけイン。サマーシックなカジュアルに仕上げています。この日もお気に入りのコモン・プロジェクトのホワイトスニーカーで足元まで軽快に、レオパード柄のマスクで遊びゴコロをプラス。

セレブオーラを発揮する黒フレームのサングラスは、ウエストワード・リーニングのもの。

ジャネット・マドセン

8月に開催されたコペンハーゲンファッションウィークで、ついにストリートに帰ってきた北欧インフルエンサーたち。なかでも鮮やかなピンクのワイドパンツで、目をひいたのはクリエイティブディレクターのジャネット。

自身が手掛けるロテイトのゆるパンに、ビスチェ風のセンシュアルな赤いキャミソールを合わせて、トップスを軽く、ボトムスを重めに、ポップな配色をバランスよく引き立てています。

露出度は高めながら、斜めがけしたビッグトートとぺたんこサンダルで、辛口カジュアルにフィニッシュ。

エミリー・ラタコウスキー

アメリカを代表するワークカジュアルブランド、ディッキーズのワークパンツさえも、セクシーなニュアンスで着こなしてしまう、エミリー。

この日は自身のブランド、イナモラータのタイトなレトロ柄シャツでボディラインを主張して、トップスをコンパクトに。ボタンは最小限に留めて肌見せ度を高めているのも、彼女らしい隠し味ですね。

ラッパーのトラヴィス・スコットとナイキのコラボスニーカーでストリートテイストを意識しつつ、ミニサイズのヘイワードのパイソンバッグで、大人の女らしさを。


ただラクなだけじゃない、大人のリラックスコーデが叶うワイドパンツ。トップスをコンパクトにすれば、簡単にスタイル美人になれるのも大きな魅力といえそう。セレブのようにシンプルな白Tやミニマルなタンクトップで気負いなく、余裕たっぷりなサマーカジュアルを楽しみたいですね。

文/江口暁子

江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る