"可愛い”が似合わなくなったら、フェミニンな服はどう着る?①

ほんの数年前までよく着ていた、可憐な色柄や女子力高めなデザイン。歳を重ねていくと、それがだんだんしっくりこなくなってくるのは、いわば必然のこと。甘さ→イタさに陥りやすい、フェミニン3大要素はどう着るのが正解なのでしょうか? 
今回は、ガーリーの代表カラーである、「ピンク」の取り入れ方を考えます。

「ピンク=可愛い」で着ないスウェット合わせ

すでに色自身に甘さを宿しているピンクは、フリルやレースなど、フェミニンなデザインで取り入れてしまうとリスキー。タイ付きやテーラード襟など、ハンサム要素のある服でトライすれば、甘さが中和されてうまくいきます。

思いきりヴィヴィッドなピンクも、スラックスのように紳士的なパンツで取り入れれば気負いなく着られるはず。深みのあるパープルとのグラデーションは、“可愛い”と一線を画すおすすめの配色です。

パンツ¥21,000/ボールジィ、ピアス¥19,000/リジーフォルトゥナート、パンプス¥29,000/ペリーコサニー(すべてトゥモローランド) スウェット¥22,000/エージー(エージー ジャパン) Tシャツ¥12,000(二子玉川店限定)/デミリー(サザビーリーグ) バッグ¥13,500/フレイ アイディー

平坦に見せない、異素材ピンクの重ねワザ

タイ付きのシャツワンピなら、さり気なくメンズ要素を添えることができます。歩くたびに覗くプリーツの光沢によって、淡いピンクのワントーンにも奥行きが生まれるのです。

シャツワンピース¥56,000/ミスター ラルキン(ユナイテッドアローズ 新宿店) プリーツスカート¥18,000/フレイ アイディー ツイストバングル
¥98,000、細バングル¥36,000/ともにウルサメジャー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) ファーバッグ¥82,000(参考価格)/ストラスベリー(ブランドニュース) パンプス¥49,000/ペリーコ(アマン)

ピンクの凛々しさを引き出す主役級ジャケット

ヴィヴィッドなピンクは、女性らしさと凛々しさを併せ持った引力のあるカラー。背広のようにダンディなテーラードジャケットで、熟したピンクの新たな魅力を発見!

ジャケット¥74,000/シー ニューヨーク、 ブラウス¥32,000、パンツ¥24,000/ともにカレンテージ(すべてブランドニュース) ピアス¥17,500/メドゥスィン・ドゥース(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス) バッグ¥95,000/ワンダラー(トゥモローランド)

ミニマル&オーバーサイズで甘さをセーブ

余分な装飾を排除したシンプルなタートルニットなら、ペールピンクでも甘さ控えめ。あえてウエストマークせず脱力ムードで着こなせば、気張らない大人の余裕を演出できます。

タートルニット¥17,000/アダワス(ショールーム セッション) スカー
ト¥59,000/リー マシュー(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ピアス¥31,000/エレナローラー(デ・プレ 丸の内店) バッグ¥16,000/メゾン ヴァンサン(デミルクス ビームス 新宿店) ショートブーツ¥69,000/ペリーコ(アマン)

このように、大人がピンクを着るときは、ハンサム要素のある服で取り入れることがポイント。甘さよりもおしゃれ感が際立って、大人に見合ったスタイルに仕上がります!

撮影/三瓶康友
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/美舟(SIGNO)
モデル/桐谷美玲

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る