「パープル×秋服」旬の重ね着コーデは差し色で今年っぽく

肌寒い季節になってきましたね。秋の重ね着コーデをモサッと見せないコツは、華やかカラーの差し色を入れること。今回はこの秋注目のパープルを使った差し色コーデをパーソナルカラー別にご紹介します。あなたに一番似合うパープルの取り入れ方を研究してみましょう!

まずは、あなたのカラータイプをパーソナルカラー診断でチェック

まずは、あなたのカラータイプをパーソナルカラー診断でチェックしてみましょう!

サマータイプはラベンダーが味方

Licensed by Getty Images

やわらかいラベンダーカラーが得意なサマーさんは、アウターに取り入れて上品な印象に。オフホワイトやネイビー、グレーなどのベーシックカラーのアイテムとも相性が良くサラッと着られます。ワントーンコーデのポイントにすると華が出ますよ。

スプリングタイプはヴィヴィッドなバイオレット

Licensed by Getty Images

明るく彩度の高いカラーが似合うスプリングさんは、思いきり鮮やかなバイオレットが素敵です。お呼ばれワンピなら1枚で着てもOK。外国映画の主人公のような佇まいに。白シャツの上からカーディガンで取り入れればお仕事にも行けちゃいます。

オータムタイプはカーキ×パープル

Licensed by Getty Images

秋はオータムさんに似合うお洋服がたくさん出てくる季節です。
特にカーキを女っぽく着こなしたい方はパープルの差し色がおすすめ。バッグや靴に効かせるとグッと今年っぽい印象になりますよ。

ウインタータイプは濃いめ~アイシーなパープルまでOK

Licensed by Getty Images

ウインターさんはパープルが似合います。濃い赤ワインのような色からアイシーパープルまで、両極端な色味が得意。
コーディネートにコントラストを付けるとお顔が引き立つタイプなので、薄いパープルを着る際には黒のジャケットなど締め色を投入しましょう。

ちょっと手が出しにくいパープルカラーも工夫次第でコーデの主役になりますよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

文/松本典子


【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
パーソナルカラーアナリスト/メイクアップアドバイザー/骨格診断士。東京・日本橋のパーソナルカラー診断・メイクアップサロン「Studio Nori」を主宰。出版社で編集者として働きながら、著名なパーソナルカラーアナリストである矢吹朋子氏に師事。その後出版社を退職し開業。パーソナルカラーの知識に基づくコーディネートやメイクの提案を行っている。目指せ雰囲気美人!
このナビゲーターの記事を見る