ケンダルもベラも!海外セレブの新ルール「バッグはタイトに斜めがけ!」

肩にかけるはずのショルダーバッグや、ウエストにつけるはずのベルトバッグを、斜めがけするのが海外セレブの間で大流行! 本当はちょっと窮屈なんじゃない?と気になるところだけど、今をときめくファッショニスタたちがやっていると、なんだか新鮮でおしゃれに見えてくるから不思議。バッグの持ち方次第で、今っぽさがアップするなんて目からウロコですね!

エルザ・ホスク

From Getty Image

まずはディオールの新作「ディオール オブリーク」のキャンバスバッグをクロスボディ持ちした、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル、エルザ。

アンティークシルバーのメダリヨンがあしらわれたワイドストラップを、ワークテイストなデザインのジャンプスーツのアクセントにして、レディなエッセンスをプラスしています。

こちらは北欧を中心に人気のノルウェー発ブランド、ビクボクとスウェーデン出身エルザのコラボコレクション。

ヘレナ・ボードン

From Getty Image

そしてパリのファッションウィーク中にキャッチされた、ブラジル出身カリスマブロガーのヘレナ。

エレガントなシャネルのツイードジャケットに映える、差し色効果絶大なマルチカラーのチェーンバッグはもちろんシャネルのもの。あえて斜めがけにすることで、ほどよいカジュアル感を演出しています。きれいめなフレームのインディゴスキニーは、シャネルのツートンカラーブーツにイン。

ブルーグラデーションを作るデニムとベルベットの異素材ミックスも個性的ですね。

ベラ・ハディッド

From Getty Image

ベラがタイトに斜めがけしているのは、ウエストにも、肩掛けにも、そして胸元でのクロスボディも想定済みの、アレキサンダー・ワンの「アッティカ ファニーパック」

この日はN.Y.ブランド、クラウディアリーの千鳥格子柄ショートコートとベレー帽で、パリジェンヌ気分なコーデのスパイスに抜てき。

From Getty Image

ミレニアルピンクがキュートな、ロンドン発の新ブランド、ディラーラ フィンディコグルーのサテンジャケットにも同じように斜めがけ。

小さめなオーバル型がハズシになる、ロベリ&フラウドのサングラスとのセット使いがお気に入りのようですね。

カミーユ・シャリエール

From Getty Image

ハンガリー発ナヌーシュカのコニャック色のウエストバッグを斜めがけにして、シックな差し色にしているのはロンドン在住のパリジェンヌブロガー、カミーユ。

シルキーにひらめくドット柄が大人ガーリーなガニーのマキシスカートに、ご存知H&Mのニットとマンゴーのブーツをプラス。

ファストブランドを上手に取り入れたALLホワイトコーデに、ひねりを加えるバッグとル・スペックスの逆三角形サングラスが、こなれたポイントとして効いています。

ケンダル・ジェンナー

From Getty Image

最後はウエストバッグのクロスボディ持ちをいち早く実践していたケンダル。

袖にラッフルをたっぷりあしらった、オーストラリア発ベック&ブリッジのボディコンシャスなオフショルトップスには、プラダのウエストバッグをアクセサリー感覚で斜めがけ。

足元はラフ・シモンズとアディダスのコラボスニーカーで軽さを出して、セクシーとアクティブさを絶妙にブレンドしたハンズフリーコーデのできあがり!

両手が空いて便利なだけでなく、簡単にコーデにひねりを加えられる最旬テクニック。手持ちのショルダーバッグも斜めがけにしてみたら、また違う魅力を発揮するかもしれませんね!

文/江口暁子


江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る