スカートセレクトの基準はギャザーにあり!パリ流ヒップラインメイク術とは?

パリジェンヌといえば、キュートなのがヒップラインのシルエット。体形に関わらず、そのシルエットを簡単につくれるのがギャザーの入ったふんわりスカートなのだとか。さらにそのセレクトにはコツがあるのです! パリ流テクニックを学んで、あなたのおしゃれ感も一気に格上げしてみませんか?

 (イラストと文章は『1/3の服で3倍着回す パリのおしゃれ術』より転載)

ふくらみ過ぎないギャザーが秘訣

滞在時から今まで、ふんわりスカートのすてきなパリマダムにハッとさせられた機会は数知れず。ここ最近では、ミディスカートは年齢問わずマストアイテムになりました。
自分に合う1枚は、丹念に試着してふくらみを比較し慎重に決めたいところ。ギャザーの分量と寄せ方でふくらみ方が変わります。

パリジェンヌの注目を集めているのはきれいな色のミディ、なかでも赤系。ボリューミーなアイテムだから、黒や紺の重め色より明るい色を選べば軽さが出ます。「フォルムは重&色は軽」の、ちょうどのバランスが確立されれば重宝間違いなしですね。
おまけに「きれい」路線もキープ!

文/米澤よう子

米澤よう子
ナビゲーター
米澤よう子
東京生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務した後、1993年にイラストレーターとして独立。大手企業の商品パッケージや広告ビジュアル、女性誌や書籍、WEBのイラストなど多媒体で活躍。2004年から2008年の間、拠点をパリに移して日仏で作品を発表。特にパリの高級百貨店、ボン・マルシェでの個展は高い評価を得た。帰国後、独自の目線で「パリジェンヌのおしゃれ術」を解説したイラストエッセイを多数刊行し、幅広い層から支持を集める。近著に『パリ流おしゃれアレンジ! 1~2』『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』『パリジェンヌ流おしゃれライフ』など。
このナビゲーターの記事を見る