【夏に多い悩み別】日焼け肌、色&柄服の“難しい”を着こなしで解決!

身長や顔つき、肌の色にいたるまで、人それぞれ違うのは当然。ないものねだりをすればキリがないけれど、 あきらめなきゃいけない服なんてないのです。大事なのは、自身の特性を踏まえたうえで、“似合うように”着こなしテクを磨くこと!  今回は、猛暑の夏にこそ多く聞かれるお悩み別に、取り入れやすいアンサーを提案していきます。

クール顏でもイタく見えない花柄&レースは?

薄着で味気ないコーディネートに陥りがちな夏。頼りになるのが柄物やレースなど、着映え力のあるデザイン! でも、乙女チックな小花柄や可憐なレースは、大人になるほど取り入れるのをためらってしまう・・・という人も多いのではないでしょうか。
甘めな顔立ちならばスイートなデザインもマッチしますが、クール顏であれば、なおさら選びに注意が必要です。コツは、渋めのカラーや黒ベースでヴィンテージライクなデザインを選ぶこと。甘い服でも大人っぽさをキープすることができますよ。

花柄であれば、小花より大花がおすすめ。女性らしさを象徴する柄なので、エレガントに取り入れず、黒など締め色をベースにシャープに取り入れるとなじみやすいのです。デニムでカジュアルダウンするのも、クール顔には効果的!

ワンピース¥10,800、デニ ムパンツ¥11,800/ともにマウジ ー(バロックジャパンリミテッド) トップス¥16,000/セオリー バ ッグ¥65,000/ダニエル&ボブ(八木通商) ローファー ¥ 16,000/ラミカ(ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店)

レースも花柄同様、渋めなグリーンなどヴィンテージライクなデザインを選ぶのが鉄則。さらに、可憐さよりもクラシカルなムードの勝るカシュクールレースなら、フェミニンに偏りすぎずクール顏とも相性抜群です。服に合わせてヴィンテージライクなアクセサリーを添えるのもおすすめ!

 レースカシュクールブラウス¥38, 000、イヤリング¥10,000/とも にザ ダラス、バッグ¥39,000/マ ロ ウ( す べ て シ ッ ク ) パンツ ¥16,000/フレイ アイディー サンダル¥31,000/ピッピシック(スピック&スパン ルミネ有楽町店) インナー/スタイリスト私物

肌の色によって違う!似合うイエローの選び方

単調コーデに陥りがちな夏は、柄物やレース同様、ヴィヴィッドカラーに頼るのも着映え力アップには効果的。今季、イエローは注目したいトレンドカラーのひとつ。でも、選び方を間違えると肌がくすんで見えたり、服が浮いて見えてしまうこともある、あなどれない旬カラーなのです。

イエローを上手に手なずけるコツは、肌の色とコントラストをつけすぎないこと。色白さんはレモンイエローのように明度が高く、淡いトーンを清涼感たっぷりに着こなすのがおすすめです。

リネンブラウス¥9,800/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) パンツ¥69, 000/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) ピアス¥5,500/エミ アトリエ(エミ ニュウマン新宿店) バッグ ¥52,000/ケイト・スペード ニ ューヨーク(ケイト・スペード ジャパン) サンダル¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ

一方で、暗めな肌色に淡いイエローを合わせてしまうと、肌がくすんで見えてしまう可能性も。健康的な地黒や夏の日焼け肌には、マスタードイエローのように彩度の高いイエローがマッチします。

ブラウス¥6,990/イェッカ ヴェッカ(イェッカ ヴェッカ 新宿) デニムパンツ¥29,000/セオリー ピアス¥23,300/ガス ビジュー(ガス ビジュー 青山) 手に持ったスカーフ¥11,000/マニプリ(エリオポール代官山) バッグ¥29,000/アーロン(ジャーナル スタンダード 新宿店) サンダル¥22,000/ツル バイ マリコ オイカワ

夏だからこそ気になるおしゃれの悩み。顔立ちや肌の色など、自身の特性を踏まえた上で似合う服を知っておくことが重要。自分には似合わないかも・・・などと簡単にあきらめず、選び方や合わせる服を工夫すれば、どんなコーデにもトライすることができますよ!

撮影/来家裕介(aosora)
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)
モデル/谷川りさこ、丸山リサ

※プライスはすべて税抜です。