通勤から休日まで!おしゃれな人のMYデニムスタイル

誰しもが持っているデニムだからこそ、何を選べばいいのか迷ったり、長年アップデートされていなかったり・・・おしゃれ迷子に陥ってしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで、おしゃれ賢者のデニムコーデをピックアップ! 今季はどんなデニムを選んで、どうはくのが正解なのか? 明日からすぐにマネできる、ファッショニスタ4名のデニムスタイルをご紹介します。

CASE01:通勤にも最適!きちんと印象の美脚スキニー

齊藤悠衣さん(32歳)/営業アシスタント
カジュアル通勤がスタンダードになりつつある今、オフィスにデニムをはいていくおしゃれ女子たちが急増しています。
デスクワークが多いという営業事務の齋藤さんもそのひとり。デニム通勤の日は、ルーズ感を抑えた細身シルエットに、ブラックパンツの延長ではける濃紺カラーのスキニーが定番。堅すぎないオフィスコーデは、職場でも好感度抜群です。


ANN LOW ANKLE

腰回りがコンパクトで、股上浅めのヒップラインは小尻効果も絶大。前身を細くしたパターン設計に、ラウンドされた裾口のカットオフは、足の甲まで長く美しく見せてくれます。さらに、腰浮きしないベルトの仕様や、ファスナー見えを防止したダブルフロントなど、細部にまでこだわりが凝縮されたデザインも魅力。細身ながらストレッチ性の高い素材で、はき心地も快適です。
※静物は、着用したデニムの同型・別カラーです(以下同)。

デニムパンツ¥12,000、ブラウス¥8,900/ともにサムシング(エドウイン) バッグ¥38,500/アディナ ミューズ(アディナ ミューズ シブヤ) パンプス¥15,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) その他/スタイリスト私物    


CASE02:休日にはきたい!リラクシーな大人サロペット

山岡葵さん(31歳)/看護師
職場では制服を着用するため、私服スタイルは気分に合わせて自由に選べる山岡さん。そんな、キレイめ〜カジュアルまで何でも着こなしてしまうファッショニスタは、大人仕様のサロペットを愛用中。ロゴTやデニムジャケットでカジュアルにまとめながらも、ボーイッシュになりすぎないよう、ヒール合わせで女らしさを添えるのがルールです。


BACK RIBBON SALOPETTE

ともすれば子供っぽくなりがちなサロペットも、細めのサスペンダーにコンパクトな前布で大人っぽさをキープ。後ろで結ぶ華奢な肩ヒモが、メンズライクなサロペットに女らしさを添えてくれます。長さ調節可能なサスペンダーは、背中でクロスしても外れない設計がされているなど、機能性まで配慮された大人のためのサロペットです。

デニムサロペット¥9,900、ロゴTシャツ¥3,900、手に持ったデニムジャケット¥13,000/すべてサムシング(エドウイン) バッグ¥37,000/アディナ ミューズ(アディナ ミューズ シブヤ) サンダル¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) その他/本人私物    


CASE03:オフィスカジュアルが完成!こなれ見えクロップド

松井亜衣さん(33歳)/映像関係

動画配信の会社で働く松井さんは、飾らないカジュアルコーデが定番。なかでも、動きやすく清涼感の漂うホワイトデニムはワードローブの常連! ベーシックなコーディネートでもラフに見えないよう、かっちりした靴やバッグを合わせて品よく仕上げるのが松井さん流。クリーンな白のワントーンに小物やニットの肩掛けで色を添え、アクセントを加えた着こなしはお手本です。

SPOON CROP

裾に向かって緩やかに絞られた、女性らしいシルエットのクロップドデニム。はきこむほどに風合いが増す無撚糸を採用した、独特の風合いが魅力です。ストレートにカットオフされた裾は、足首をすっきり見せてくれる効果も!

デニムパンツ¥11,000、ボーダーカットソー¥4,500、肩に巻いたカーディガン¥7,500/すべてサムシング(エドウイン) バッグ¥15,000、パンプス¥14,500/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店)  その他/スタイリスト私物


CASE04:トレンド感抜群!脚長効果なワイドデニム

川谷恵理さん(30歳)/主婦
キレ味のいいカジュアルMIXな着こなしが得意の川谷さんは、今季トレンドのワイドデニムをいち早くセレクト。大人でもはきやすい適度なフレアーラインが、脚を細く長く見せてくれます。1トップス×1ボトムスのシンプルなスタイリングでも、旬のワイドシルエットを取り入れればグッと印象的に!


LISA WIDE
モモから裾にかけてボリューム感のあるワイドシルエットは、腰回りがコンパクトにデザインされているので、着膨れすることなく脚長効果を叶えてくれます。綿本来の柔らかさを最大限に引き出しながら、美しいフィット感を維持できるストレッチ糸が使われたスタイルアップデニムです。

デニムパンツ¥13,000、シャツ¥9,800/ともにサムシング(エドウイン) バッグ¥26,500/アディナ ミューズ(アディナ ミューズ シブヤ) パンプス¥21,000/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) その他/スタイリスト私物    

SOMETHING ×GINGER キャンペーンページはこちら!

https://edwin.co.jp/shop/pages/special_ginger_202002.aspx

エドウイン・カスタマーサービス
TEL : 0120・008・503 
https://www.something.jp 


SOMETHING 公式インスタグラム
@something_jean 

撮影/[読者]勝吉祐介(Peace monkey)、[静物]皆川哲矢、植一浩
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/甲斐 美穂(ROI)、小松 胡桃(ROI)

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る