ブーム拡大中!海外セレブは秋も「スーツ」が主役のおしゃれ

海外セレブのスーツブームは終わるどころか、ますます加速中! この秋もオフランウェイやイベントには、スーツアップしたハリウッド女優やインフルエンサーが続々と目撃されています。最近はただハンサムというよりも、どこか個性や女らしさを主張するのがおしゃれセレブのトレンドのよう。いわゆるジャケットとパンツという定番スタイルだけなく、フェミニンなカラーやユニークなデザインなど、どんどん多様化していることにも注目して。

オリヴィア・パレルモ

Licensed by Getty Images

ファッションウィーク真っ最中で大忙しのオリヴィア。

NYで行われたサリー・ラポワントのショーには、カナダ人デザイナーが手がけるブランド、スマイスのスーツで登場。パジャマストライプというネーミングも納得の、まさにパジャマ風のデザインがユニークですね。

ちょっとだけインしたタートルニットとサングラスを、柄に使われているコニャック色でリンクして統一感をアップ。足元はロジェ・ヴィヴィエのスリッポンを合わせてヘルシーに。

Licensed by Getty Images

続いてミラノで披露したスーツは、ガラリと雰囲気を変えたフェミニンカラーできれいめな印象

こちらはオリヴィアがアンバサダーを務めていたブランド、マックスアンドコーのもの。すっきりとしたスタンドカラーのシャツとパンプスは白で揃えて、清潔感をアピール。甘めなピンクに映えて、スパイスになるトレンドのレオパード柄クラッチはプリティ・バレリーナのもの。

個性的なカラーレンズサングラスが、レトロなムードを発揮していますね。

メーガン妃

Licensed by Getty Images

“ハリー王子はスーツ反対派”説が根強く報道されるなか、あくまでも我が道をゆくメーガン妃。

この日はチャリティイベントに得意のALLブラックコーデで出席。美脚を引き立てるアルトゥザーラのスーツでクールに決めています。インナーには光沢感のあるキャミソールで、さり気なく色気を足すのがメーガン流。クラッチは結婚式のセカンドドレスが評判になったステラ・マッカートニー。

それにしてもハリー王子が嫌がっているようには全然見えませんね!

ヘイリー・ボールドウィン

Licensed by Getty Images

メンズライクスーツの王道ストライプをボディコンシャスに取り入れたヘイリー。

素肌にそのまま着た感じがセンシュアルなタイトジャケットと、ほっそり脚を強調するシガレットパンツのセットアップはミューグラーのもの。カサディのインソールパンプスは白で軽快に、すらりとスタイルアップさせています。

ただシャープなイメージで着こなすのではなく、高い位置のポニーテールでカジュアル感を出すのがヘイリーらしさ。

デビー・ライアン

Licensed by Getty Images

ディズニーチャンネルのヒロインから、すっかり大人の女優に変身したデビー。

NYファッションウィーク中は、ゆったりとしたオーバーサイズのスーツでこなれたスタイリングを披露。モードの香りが漂う素材感と秋らしいシックなカラーに、腕まくりしたシャツや足元の白の軽やかさが際立つのは、3.1フィリップ・リムのフルルック

クリップのクロージャーが斬新な人気モデル「アリックス」のハンドバッグも、大人っぽさにひと役買っています。

ブレイク・ライブリー

Licensed by Getty Images

スタイリストをつけない女優として有名なブレイク。チャレンジングな着こなしがいつも話題になる彼女も、最近はかなりスーツ率が高め。

ロンドンで行われた主演映画のプレミアではとことんハンサムに、色で女らしく。ぐんと男前な3ピースと白ネクタイで貫禄たっぷりに、柔らかなパステルピンクでスーツアップ。

サイドライン入りのワイドパンツでスポーティに今っぽさを添えたスーツは、ラルフローレン・コレクションのカスタムメイド

ベラ・ハディッド

Licensed by Getty Images

最後はベラのスーツコーデ。

マニッシュなダブルジャケットも、スイートなピンクとミニスカートでキュートな仕上がりに。英国ファッションサイト、エイソスのファジーな素材感のクロップドトップスで変化をつけつつ、お腹見せで抜け感を作るのもベラらしいテクニック。ピンクのワントーンにまとめた足元にも注目!

最旬ダッドスニーカーには、ミドル丈ソックスを合わせるのがミレニアルセレブのトレンドで、どちらもヒューゴの2019春の新作


セレブのコーデを見ていると、スーツとひと言でいってもデザインや色次第で印象がかなり変わるんだということを実感しますね。働く女子にとっては簡単にきちんと見えて便利さも魅力のスーツ、お気に入りの一着を見つけてください!

文/江口暁子

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る