【人気スタイリスト×読者変身企画】旬の柄アイテム、大人はこう取り入れる!

T.P.Oに応じた着こなしが求められるアラサー世代ですが、その反面、体型の変化や似合う服のテイストが顕著になりはじめ「おしゃれの悩みが尽きません・・・」という声も多く聞こえてきます。

そこでこの記事では、人気スタイリストNIMUさんがおしゃれに悩む読者を劇的に変身させる模様をノンフィクションでお届け! 明日からすぐ取り入れられる着こなし術も一緒にご紹介します。

抜け感を意識したヴィンテージスタイルに

今回NIMUさんが変身させるのは、柄コーデがしっくりこない・・・という那須愛里さん(31歳/会社員)。
「柄や色アイテムを使った着こなしが好きなのですが、なんだかきついイメージになってしまいます。上手な取り入れ方を教えてください!」(那須さん)


➡柄は一点のみ!上下はワントーンでまとめるのがコツ

「柄モノを取り入れるときは、“全身で一点のみ”がルール。柄アイテムのベースの色みを拾いつつ、ほかのアイテムは同系色で全体をまとめるとうるさくなりすぎません」(NIMUさん)

ワンピース¥20,000/ヌキテパ(ヌキテパ 青山店) パンツ¥12,000、バッグ¥15,500/ともにバンヤードストーム(エレメントルールカスタマーサービス) ネックレス¥11,800/キャッツ(シップス渋谷店) シューズ¥16,300/カンナ(シップス 有楽町店)


ここもポイント!

白バッグを取り入れて全体バランスを軽やかにまとめる

「コントラストの強すぎ色を合わせると印象がきつくなってしまうので、軽さを出すために白小物でコーデをなじませて」(NIMUさん)


これだけで着こなしにフレッシュな抜け感が生まれます。


樹脂系アクセで透明感を取り入れる

〈上〉イヤリング¥14,500/ルーカス ジャック ロンドン(シップス 有楽町店) 〈右下〉ピアス¥14,500/キャッツ(シップス渋谷店) 〈左下〉バングル(2本セット)¥6,800/スナイデル

「プラスティックのように光を透かす樹脂系アクセは、ヴィンテージライクな柄モノとも相性抜群。レザーやシルバー系よりもハードになりすぎず、旬なムードに仕上がります」(NIMUさん)


柄コーデはワントーンでまとめると、洗練されたヴィンテージスタイルに昇華できます!
NIMUさんの着こなし術、ぜひ参考にしてみてください。


撮影/[人物]曽根将樹(PEACE MONKEY)、[静物]寺山恵子
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/沼田真実(ilumini)

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る