ベルト位置を変えるだけで即腰高に! いつもの服ですっきり見せる方法

パリジェンヌのおしゃれのカギを握るアイテムのひとつが「ベルト」。 パリのブティックの試着室には、細いタイプから太いものまでたくさんのベルトが用意されているのをご存知ですか? つける位置を変えるだけで一気にスリムに見える魔法のような法則をご紹介します。 (イラストと文章は『パリジェンヌ流 着やせスタイリング』より転載)

ベルトの位置は、全身の2分の1より上

まずは、全身の2分の1より上に留めるのが基本ライン。
失敗のリスクがもっとも低いのが、ひじのラインにそろえるやり方。
ひじは幅が広く、上半身の中でポイントとして目印になります。

ひじとベルトラインをそろえて腰高に!

その目立つところと、ベルトを横一線にすると、ポイント同士が見た目にすっきり整理され、腰位置も上に感じられます。
まずは1本ベルトを足して、比べてみるのをおすすめします。

米澤よう子
ナビゲーター
米澤よう子
東京生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務した後、1993年にイラストレーターとして独立。大手企業の商品パッケージや広告ビジュアル、女性誌や書籍、WEBのイラストなど多媒体で活躍。2004年から2008年の間、拠点をパリに移して日仏で作品を発表。特にパリの高級百貨店、ボン・マルシェでの個展は高い評価を得た。帰国後、独自の目線で「パリジェンヌのおしゃれ術」を解説したイラストエッセイを多数刊行し、幅広い層から支持を集める。近著に『パリ流おしゃれアレンジ! 1~2』『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』『パリジェンヌ流おしゃれライフ』など。
このナビゲーターの記事を見る