爽やか・クリーン・涼しげ!おしゃれ有名人の「ALLホワイト」ルック

本格的に暑くなってくると、ファッショニスタたちがこぞって取り入れ始める、夏の鉄板カラー、ホワイト。着こなしに軽さを出してくれる色だけに、トップスやスニーカーなど、ポイントで効かせるコーデも人気ですが、今年は白のワンピースやジャンプスーツを選んで、ホワイト度を高めているセレブが多いようです。

夏らしく肌見せしても、上品さをキープしながら、涼やかに仕上げてくれるのがホワイトの魅力。人気復活中のミニスタイルもクリーンに見せる、ホワイトの実力に注目です!

エミリー・ラタコウスキー

マスクとスマホを片手に、とろみALLホワイトコーデで、NYをお散歩中のエミリー。

ひらひら揺れるサテン地のツヤ感がフェミニンなセットアップは、NY発オルサンド・アイリスのもの。クロップド丈でお腹見せするブラウスは、ボタンダウン面を背中側にしても着ることができ、ラップタイプのミニスカートはウエストに付いたロングタイでアレンジができるという、ワザありデザイン。

ナイン・ウエストの華奢ストラップサンダルをさらりと合わせた、控えめな足元が大人っぽさの秘訣ですね。

アシュリー・ロバーツ

イギリス・ラジオ局の朝番組で人気のアシュリーは、お仕事コーデにシャツタイプのミニワンピをセレクト。

さり気なくシェイプしたウエストとV開きが女らしい一着はオーストラリアブランド、メシキのもの。シンプルな白パンプスですっきりときれいめに仕上げています。

遊びゴコロを発揮するのは小物使い。ユニークなサングラスをアクセントにしながら、マチのないクラシカルなフォルムのトートで“差し柄”。ブランドを象徴するパターン「ディオール・オブリーク」がALLホワイトに映えますね。

キャサリン妃

8月初め、ベビーのいる家庭をサポートするためのボランティア施設を訪れたキャサリン妃。

ずらりと並んだボタンがポイントになる、気品たっぷりなホワイトシャツドレスで登場。こちらは昨年のウィンブルドン観戦でも着用していたスザンナのワンピースで、ヘビ柄パンプスでスパイスを効かせつつ、上品なワントーンにまとめています。

英国では7月末よりマスク着用が義務づけられたため、キャサリン妃が可愛いリバティプリントの小花柄マスク姿で公務に現れたことでも、話題になりました。 

オリヴィア・パレルモ

自粛中は、イケメンモデルの夫&愛犬とのお散歩デートをたびたびキャッチされているオリヴィア。

この日はホワイトのアイレットレースが軽やかなキャミワンピースで、サマーシックなスタイルを披露。ガーリーなディテールながら、実は大胆スリットや透け感で色っぽさもあるリサ・マリー・フェルナンデスのドレスは、立て続けにリピートしているお気に入りの一枚のようです。

足元はオリヴィアのお散歩コーデの定番、アルベルタ・フェレッティの刺しゅうミュール。スカーフマスクももはやお約束に!

マヤ・ジャマ

イギリスのTVやラジオで大人気のプレゼンター、マヤは、軽快なホワイトのジャンプスーツでスタジオへ。

ワークテイストが今っぽいボイラースーツは、ロンドン発ハイストリートブランド、トップショップのもの。ヴィンテージのサングラスもホワイトフレームで揃えて、レトロポップに味付け。

低めなキトゥンヒールのサンダルと、ディオールの「ミニ・レディ・ディオール」はソフトな色合いにして、品よくまとめています。


この夏、海外のおしゃれセレブは簡単にALLホワイトコーデが叶う、ワンピースやジャンプスーツ、セットアップを愛用しているようです。暑さも本番、クリーンで品のあるホワイトのパワーを味方につけて、涼しげな気分とおしゃれを満喫したいですね!

文/江口暁子

江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る